ニュース
» 2018年04月05日 19時04分 公開

「ロマサガ2」TASが約20分の大幅更新で4分37秒クリア 流し斬りシーンすら出てこない超速データ改ざん攻略

ワープに次ぐワープ、デバッグルームからまたワープ。〜そして合体事故へ〜

[コンタケ,ねとらぼ]

 「ロマンシング・サガ2」で、TAS(ツールアシストによる高速攻略)の新記録が出ました。従来の記録24分台を大幅に更新し、4分37秒というとんでもない速さでエンディングへの到達に成功しました。継承しないせいでエンディングがめっちゃくちゃです。



 「ロマンシング・サガ2」は、1993年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)が発売したスーパーファミコン用ソフト。数多くのモンスターを駆逐した後に姿を消したと人々の間で語られる「七英雄」と、バレンヌ帝国の皇帝たちの長年に渡る戦いが描かれました。

 そんな同作の最新TAS動画を公開したのは、さまざまなやりこみや縛りプレイで知られる「おやつ」さん。今回は「サブフレームリセット」と呼ばれる技術を使用し、セーブデータを改ざんしながら進めていきます。

サブフレームリセットとは

 サブフレームリセットは、「1マイクロ秒単位」でタイミングを調整してリセットすること。ゲームではよく60分の1秒に当たる「1フレーム」という単位が使用されますが、「1マイクロ秒」は100万分の1秒という極めて細かい単位です。

 この「サブフレームリセット」をデータのセーブ中に行うことで、セーブデータを改ざんしながら進めていくというのが今回の趣旨です。ただし、何も考えずにデータの改ざんを行うと「チェックサム」と呼ばれる機能により破損データ扱いされセーブが消えてしまうため、キャラの装備品をうまく変更して「チュックサム」をごまかしながら改ざんしていきます。


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット セーブ途中に割り込んでリセットすることでデータを改ざんしていきます

 この「サブフレームリセット」によるデータ改ざんは、以前「エディ」さんがFF6を23分台でクリアしたときにも使用していました(関連記事)。最近のTAS動画のはやりなのかもしれません。

 なお、「サブフレームリセット」はチートのたぐいでないため、理論上は実機でも可能です。ただし、1マイクロ秒単位での調整は人間では絶対に不可能なため、人力での再現は不可能と言ってよいでしょう。

 では、そんな「サブフレームリセット」を用いたデータ改ざんを行うと、どのような戦いになるのでしょうか。

亜空間ジェラール

 ゲームを開始後動けるようになったら「チェックサム」対策に装備を一部変更して、即アバロン城へ、地下牢に入ったら改ざん用のデータをセーブし、地下水路内に進んでからもう1度セーブ。そしてこの2回目のセーブ中に「サブフレームリセット」を行いリードすると、「アリだー!」で有名なアリの巣から始まります。さあ、開幕からおかしなことになってまいりました。


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット チェックサム対策に装備を変更


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット 地下牢でセーブ→下水道でセーブ途中にサブフレームリセット


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット アリの巣へワープ

 アリの巣から出たらハンターの家に入ってセーブし。エイルネップへ移動。南の方にある小屋に入って再度セーブ中に「サブフレームリセット」後にロードすると、モザイクが掛かったぐちゃぐちゃなマップから始まりました。な、なんじゃこりゃー!


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット つながっているというかつなげるというか


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット ぬわぁぁ!

 ぐちゃぐちゃな画面の中ぽつんといるハンターに話しかけると別のマップにワープし、そこはなんと「デバッグルーム」(モザイクは掛かったまま)でした。

「デバッグルーム」とは

 「デバッグルーム」は、「ロマンシング・サガ2」のデータ上にのみ存在するマップ。名前の通り、開発者がゲームのバグ調査用に使用していたと思われる、テスト用のマップです。本来入る方法は存在しないのですが、データ改造をしなくても一部のバグを使用することで無理やり入れることが知られています。


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット TAS動画ではおなじみの「デバッグルーム」

 見た目は花に囲まれた草原で、さまざまな場所へワープできるタイルや、エンカウント用の各種敵シンボルが配置されています。そして何より、ここにいるときだけ「バトルのキャンセル」「壁抜け」「高速移動」という、公式チート機能をONにできるのが重要。

 というのも、事前に1回戦闘に勝利したあとで「バトルのキャンセル」をONにすると、ラスボスとの戦闘が始まった瞬間に勝利したことになりエンディングに到達できてしまうのです。しかも、デバッグルームにはラストダンジョンでワープできるマスも存在するため、「デバッグルーム」への到達は、もはやクリアと同義と言っても過言ではありません。

 従来のTAS動画ではこの「デバッグルーム」に到達するためのバグを引き起こす速さを競い合っていたのですが、データ改ざんにより直接ワープしてきた、というのが今回のルートとなります。

パジャマジェラールは何を思う

 前述の通り、「デバッグルーム」にたどり着いた後は通常ラストダンジョンへワープしますが、今回は最後も「サブフレームリセット」を使用します。これは、ラストダンジョンへワープしてラスボスのところまで走るよりも、データ改ざんでラスボス前へ直接移動したほうが早いため。

 そしてラスボス戦へ乗り込むわけですが、「バトルのキャンセル」がONになっているため、七英雄が合体する演出の後即座にエンディングへ(通称“合体事故”)。以上、4分37秒間ワープしまくるだけで終わり。最初の“パジャマ”状態のジェラールのままクリアしてしまいました。


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット うおおラスボスだ!


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット いつもの

 エンディングの年表は、「1000年 第2皇子皇帝ジェラール 七英雄との戦いにピリオドを打つ!」のみ。こんなの年表じゃねえ! ただのチラシだ!!


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット 衝撃の年表

 エンディングラストではアバロンの酒場で「最終皇帝」が座っているはずですが、しっかり“パジャマ”ジェラールに切り替わっています。ゲーム開始時に座っていたはずの「最終皇帝」はどこに……世界線が変わってしまっている……。


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット 最終皇帝はどこへ……

 そして皇帝の後ろに仲間にした全種族が次々と表示されていく感動的なシーンは、誰も仲間にしていないため延々BGMが鳴り響くだけというなんとも悲しいものに。一応、最後にデフォで仲間にできるアバロンの面々のみは出てきます。その後「“パジャマ”ジェラールの後ろによろいジェラール、レオン、ヴィクトールが浮かぶ」という衝撃シーンまで。


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット 私が私を見つめてました

 さらにラストは、レオンと初期メンバーの3人がジェラールを迎えにきて終了。もうむちゃくちゃだよぉ!


ロマンシング・サガ2 おやつ tas サブフレームリセット お父さん!

 「流し斬りが完全にはいったのに…」もなければ「継承法」の存在自体も出てこない、とんでもない記録でした。なお、おやつさんはTwitterで既に更新点を見つけたため、近々再度動画を投稿するとしています。更新版では、ジェラールではなくレオンが七英雄との戦いにピリオドを打つようです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう