ニュース
» 2018年04月23日 20時07分 公開

「漫画村」など海賊版サイト遮断、KDDIとソフトバンクは「検討中」

あくまで慎重なスタンス。

[ねとらぼ]

 「漫画村」などの海賊サイトが問題になっている件で、NTTグループ4社は4月23日、法整備が整うまでの緊急措置として、準備が整い次第ブロッキングを実施すると発表しました(関連記事)。主要3キャリアの一角がブロッキング支持に回った形となりますが、残るKDDI、ソフトバンクは今後どうするのか。両社に取材しました。

 回答はそれぞれ以下の通り(カッコ内は編集部によるもの)。

KDDI広報部:
 著作権保護の重要性は理解している。(そのうえで)技術運用面、法制面などを含め検討中。

ソフトバンク広報部:
 著作権などが侵害される事態を放置しておくことは看過できるものではなく、早急に対応すべき重要な問題として認識している。しかし、ブロッキングは通信の秘密を侵害する懸念もあり、慎重な議論が必要であることから、電気通信にかかわる業界団体などとも連携し、法律や制度、運用方法など、さまざまな観点から実行可能な方策を検討していきたい。

 両社とも、著作権保護の重要性については理解しているとしつつも、ブロッキングの実施については「検討中」との回答。またどちらも技術面と法制面の2つを具体的な検討課題として挙げました。



海賊サイト ブロッキング KDDI ソフトバンク 特定のサイトを政府や企業の判断で遮断できるようになることへの懸念も

 ブロッキングの是非を巡っては、通常の取り締まりが難しい海賊サイトに対する「唯一の対抗手段」とする見方もある一方、憲法が定める「通信の秘密」の侵害になるのではといった懸念や、乱用による「検閲」を恐れる声も多く、日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)など複数の団体がこれまでに反対の意思を表明しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう