ニュース
» 2018年04月23日 23時00分 公開

NTTグループのブロッキング実施についてJAIPAがコメント 「特に見直すことは考えておりません」

JAIPA会員のNTT、そしてブロッキング反対派のJAIPA。

[コンタケ,ねとらぼ]

 4月23日、JAIPA(日本インターネットプロバイダー協会)が「NTTグループのブロッキング実施の報道について」とする声明を発表しました。NTTグループ4社(日本電信電話、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷらら)が海賊版サイトに対するブロッキングを実施すると発表した件について(関連記事)、JAIPA自身は引き続きブロッキングに反対の姿勢を続けるとしています。





 JAIPAは4月12日に、「著作権侵害への対策としてのブロッキングは許されない」とする見解を発表。「これまでの国民、ISP事業者、政府の間の信頼関係を政府の側から一方的に壊し、ISP事業者による今後の違法・有害情報対策への取り組みに対しても悪影響を及ぼしかねない」と述べ、「断じて許されないもの」との考えを示していました。

 そんな中、今日になりJAIPAの会員であるNTTグループがブロッキングの実施を発表。海賊版3サイトに対して、「制度が整備されるまでの短期的な緊急措置」として、準備が整い次第実施すると連名で発表しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう