コラム
» 2018年05月09日 11時00分 公開

「日本の半分は豪雪地帯に指定されている」って知ってた?

何だったら「豪雪ではない地帯」の方がちょっと少ない。

[ねとらぼ]

 雪が多い地域を指す雪国という言葉がありますが、実は日本の半分は「豪雪地帯」。もっと言うと「豪雪ではない地帯」の方がちょっと少ないくらい、日本は雪の国なのです。

「日本の半分は豪雪地帯に指定されている」って知ってた?

 日本には積雪が多い地域を支援する「豪雪地帯対策特別措置法」があり、これに基づいて豪雪地帯の指定が行われています。その条件の1つとして掲げられているのが、累年平均積雪積算値(ざっくり言うと、1日の平均積雪量をひと冬分足し合わせたもの)。これが50メートル以上ある地域が大部分に及んでいたり、交通の要所と重なっていたりする市町村などが、豪雪地帯に該当します。

 豪雪地帯は日本海側を中心に、北は北海道から南は中国地方まで広がっています。面積にすると約19万平方キロで、これはなんと国土の約51%。さらに累年平均積雪積算値が多い「特別豪雪地帯」も約20%に及んでいます。


本州日本海側はほぼ豪雪地帯(国交省の資料より)


指定基準はいくつかありますが、要するに「雪がたくさん積もって、生活への影響が大きいところ」が豪雪地帯(第七次長野県総合雪対策計画より)


このような地域では、屋根から雪を除去する必要が


雪下ろし作業の事故原因の一部。雪が積もった屋根に上がるのは危険


だけど、屋根の下も安全ではありません


雪対策って大変だなあ……

参考


これまでの「マンガで雑学」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう