コラム
» 2018年05月14日 12時00分 公開

30代以下は見たことないかも 「この〜木なんの木」のCMに登場する木は4種類ある

気になる。

[ねとらぼ]

 「この〜木なんの木」の歌詞でおなじみ、日立グループのCM。過去には違う木が使われていたことをご存じでしょうか? 今回は日立の樹に関する雑学をご紹介します。

日立の樹は全部で4種類ある

 現在CMで使われているのはハワイ・オアフ島のモアナルアガーデンにあるモンキーポッドという種類の木。左右対称に大きく枝を伸ばした巨大な傘のような、インパクトのある見た目が印象的ですが、初代CM(1973〜1975年)に登場した日立の樹は意外にもアニメーション。

 イメージ通りの木が見つからなかったという理由でモデルの木もなかったらしく、本当に「名前も知らない」「見たこともない」木でした。


初代CMが作られたのは今から45年前の1973年(第1代CM)

 1975年から、本物の木としては第1号となる初代日立の樹・モンキーポッドが登場。4年間使用されました。それ以降は

  • 1979年〜1980年:マンゴーの木(ハワイ)
  • 1981年〜1982年:バニヤンツリー(シンガポール)
  • 1982年〜1984年:カリフォルニアオーク(ロサンゼルス)

 と短いスパンで木を代えて、新しいCMが作られました。


モンキーポッド(第2代CM)


マンゴーの木(第3代CM)


バニヤンツリー(第4代CM)


カリフォルニアオーク(第5代CM)

 視聴者からの復活を望む声により、1984年、実物第1号を務めたモンキーポッドが5年ぶりに再登場。以来、34年間、この木は変わることなく日立のイメージを伝え続けています。


30年分の成長が分かる(第9代CM)2005年〜

 ちなみにモアナルアガーデン内にはモンキーポッドの木が多数ありますが、その中でも日立の樹はひときわ大きく、樹齢は130年、樹冠の幅は40mを誇り、ハワイ州の「Exceptional Tree(特別な木)」に認定されています。


モアナルアガーデンのInstagramアカウントにも、頻繁に登場する日立の木


なお、このモンキーポッドは海外でも「Hitachi tree」として知られています(英語版Wikipediaより)

参考


これまでの「マンガで雑学」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう