コラム
» 2018年05月19日 11時30分 公開

視力検査に使われる「C」みたいなマークの名前、知ってる?

意外とかっこいい。

[ねとらぼ]

 視力検査に使われる「C」のようなマークの名称をご存じですか? 実はあれ、なかなかかっこいい名前で呼ばれています。


視力検査の「C」みたいなマーク=ランドルト環

視力検査に使われる「C」の名前、知ってる?

 あのマークが誕生したのは、今から100年以上昔のこと。フランスの眼科医エドムント・ランドルト氏が1888年に考案したことから、「ランドルト環」と呼ばれています。

 ランドルト環は「円環全体の直径:円弧の幅:開いている部分の幅=5:1:1」になるように描かれており、視力は視角(開いている部分と目の中心を結んだときにできる角度の大きさ)と反比例の関係にあります。

 このような数学的な関係があるため、視力1は「直径7.5ミリのランドルト環の開いている方向が、5メートル先で分かる能力」で、その半分の2.5メートル先で分かった場合は視力も半分の0.5となります。ランドルト環がたくさん並ぶ視力検査表では距離ではなく、マークの大きさを変えることで同じ位置から測定できるようになっています。


視力検査の「C」みたいなマーク=ランドルト環


視力検査の「C」みたいなマーク=ランドルト環 3メートル用の視力検査表。何となくランドルト環の大きさが規則的に変化しているのが分かるのでは?(Amazonより)

主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう