ニュース
» 2018年05月25日 15時15分 公開

アラレちゃん風アシリパ、あだち充タッチの杉元 『ゴールデンカムイ』を著名漫画家風に描く「イタコマンガ家金カムまつり」盛り上がる

秀逸な作品にヒンナヒンナ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 漫画『ゴールデンカムイ』(野田サトル)を、リスペクトする漫画家のタッチで表現するTwitterハッシュタグ「イタコマンガ家金カムまつり」が盛況です。

※記事中の「アシリパ」の「リ」は、本来小文字

検索結果 「#イタコマンガ家金カムまつり」で画像検索

 音頭を取ったのは、2016年にも「ユーリ祭り」(関連記事)を提案した漫画家の田中圭一さん。5月24日21時ごろに22時開始と予告したのち、自らあだち充さんタッチのイラストを投稿しました。すると、藤子・F・不二雄さん風や水木しげるさん風など、レジェンドな画風の作品が次々と寄せられていきます。







 一発目からしてあだち充さん風であるように、お題は「イタコマンガ」といっても、存命中の漫画家をリスペクトした投稿が大半。いわば「生霊枠」です。『ぼのぼの』風や『Dr.スランプ』風など、ほのぼのしたタッチでもハマるのは、描き手の技量と『ゴールデンカムイ』の懐の深さゆえでしょう。









 スタートから夜が明けても投稿は続々。『週刊ヤングジャンプ』の連載もテレビアニメ版もまだ続く『ゴールデンカムイ』とともに、盛り上がりを見せています。


公式サイト 『ゴールデンカムイ』公式サイト


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう