コラム
» 2018年05月30日 11時00分 公開

誕生日が4月1日の人が「“最も早い”早生まれ」になる理由

どうして3月31日じゃないんです?

[ねとらぼ]

 生まれた年は違うのに、学年は一緒になるいわゆる「早生まれ」。特に小さい子どもは成長が早く、一学年の差が大きいことから「幼児教育上、早生まれは有利なのか、不利なのか」と言及されることもあります。

 そんな早生まれの中でも“最も早い”誕生日は、年度終わりの3月31日……ではなく、実は4月1日。こうなるのには、法律上の理由があります。



誕生日が4月1日の人が「“最も早い”早生まれ」になる理由

 一般的には「年をとる日=誕生日」と認識されていますが、「年齢計算に関する法律」では「年をとる日=誕生日の前日」とされています。感覚的には理解しがたい話なのですが、ちょうど日付が変わるタイミングで「誕生日おめでとう」とメッセージを送るときのことを考えると、分かりやすくなるかもしれません。

 あのメッセージを送るのは誕生日が始まった瞬間、つまり、誕生日午前0時ちょうど。ですが、これは誕生日前日が終わった瞬間、前日の午後12時と言い換えても同じ時刻を意味します。法律上では後者のような考え方が採用されており、文科省によれば「(法的には)人は誕生日の前日が終了する時(午後12時)に年を一つとる(満年齢に達する)」とのこと。

 このような事情から、4月1日生まれの人は「3月31日午後12時に年をとった」と解釈され、日付が4月1日よりも前になるから、早生まれになるというわけですね。

 人はある日の始まりに年を取るのか、それとも、ある日の終わりに年を取るのか――。年齢計算に関する法律には禅問答のような難しさがあるらしく、流山法律事務所(千葉県)はブログ上で「法律のよくわからないところ」「深く考えると、よく分からなくなりますので、余り深く考えない方がいい部分」と説明しています。


文部科学省による図を使った解説。4月1日生まれの場合、6歳の誕生日当日に小学1年生に。4月2日に生まれた子どもは、7歳になる直前に小学校にあがることになります

他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう