コラム
» 2018年05月31日 11時00分 公開

「“粘着テープをはがすだけ”でX線が発生することがある」って知ってた?

[ねとらぼ]

 子どもの工作などでもよく使われている粘着テープ。身近なアイテムの1つですが、実はビリーっとはがすだけで、X線が放射される場合があるということをご存じですか?

 なんとそのX線を使って、レントゲン撮影をすることも可能なのだといいます。今回は、そんな粘着テープの雑学をご紹介します。



「“粘着テープをはがすだけ”でX線が発生することがある」って知ってた?

 2008年、「nature」誌に米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校の論文が掲載されました。それは「粘着テープを使うときのように、くるくる回しながらはがすだけで、X線が放射される」というもの。

 このような現象が起こる可能性については、1950年代に指摘されていたものの、ほとんど信じられていなかったとか。しかし、実際には、人体のレントゲン写真が撮れるくらいのX線を発生させることができたといいます。


実験の様子を撮影した動画。発光とともに、X線が放射され、ガイガーカウンターが反応しています(カリフォルニア大学ロサンゼルス校のWebサイトより)


該当の研究が表紙を飾った、当時のnature

 X線は放射線の一種で、病院のレントゲン室などでは、扉に鉛を使うといった防護策がとられています。そう考えると、テープをはがすのが何だか怖くなりそうですが、心配はいらないもよう。というのも、当時のnatureの記事によれば、「X線が発生するのは、真空のときだけ」なのだそうです。普通のご家庭や職場で使う分には、全く問題ないはず。

 ところで、真空ではなく、普通の環境でテープをはがすとどうなるのか。この場合はテープが発光することが知られており、バラエティ番組などで実験が行われたこともあります。


ただし、テープの粘着力が強過ぎると、はがせなくなるもよう

他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう