コラム
» 2018年06月01日 11時30分 公開

消しゴムが誕生したのは、鉛筆の○○年後 ……不便じゃなかったのかな?

発見するのは早かったのに。

[ねとらぼ]

 鉛筆、シャーペンを使うときには欠かせない消しゴム。現在では、当たり前のようにセットで筆箱に入っていますが、かつてはそうではない時代も存在しました。今回はゴムの雑学をご紹介。



消しゴムが誕生したのは、鉛筆の○○年後

 西洋の人々が天然ゴムを知るようになったきっかけは、コロンブス。1493年から行われたアメリカ大陸への第二次航海で、ゴムボールで遊ぶ人々の姿を報告したのが最初だといわれています。

 しかし、産業利用はそこから数百年間進まず、消しゴムは1770年代になってようやく登場しました。これに対して、鉛筆は、芯に使われる黒鉛がイギリスの鉱山で発見(1564年)された翌年から同国内で製造されるように。先に素材が見つかったはずの消しゴムの方が、約200年遅れた形になります。なお、その間は字などを消すときに、パンを使っていたとか。

 ちなみに、他の分野の話をすると、ゴムがタイヤに利用されるようになったのは1867年。世界初の自動車が誕生したのは1769年といわれており、ここでも約100年の開きがあります。


年表にするこんな感じ。ゴム製品だけ出遅れていて、現代的に考えると不便そう

主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう