ニュース
» 2018年06月20日 22時13分 公開

「ウマ娘 プリティーダービー」公式がファンに異例の“お願い” 「イメージ損なわない表現を」

二次創作に関する声明?

[ねとらぼ]

 「ウマ娘 プリティーダービー」公式サイトは6月20日、ファンに向けて「キャラクターならびにモチーフとなる競走馬のイメージを著しく損なう表現は行わないようご配慮いただけますと幸いです」とのお知らせを掲載しました。これを受けて、一部では「(実質)エロ同人禁止令じゃん」といった声もみられ、ファンの間に混乱が広がっています。



 「ウマ娘 プリティーダービー」は、実在する“競走馬”たちを擬人化したメディアミックスプロジェクト。2018年4月からはテレビアニメが放送中で、他にも漫画やゲーム(2018年リリース予定)などの企画が進行しています。

 具体的にどのような表現が“イメージを著しく損なう”のかは言及されていませんが、お知らせ内では同作について「許諾をいただいて馬名をお借りしている馬主のみなさまを含め、たくさんの方の協力により実現している作品」と説明。そのうえで「モチーフとなる競走馬のファンの皆さまや、馬主さまおよび関係者の方々が不快に思われる表現、ならびに競走馬またはキャラクターのイメージを著しく損なう表現は行わないようご配慮くださいますようお願いいたします」とあらためて配慮を呼びかけています。



 確かに“エロ”をはじめとする二次創作は、あくまで公式の黙認により成り立っているものですが、公式サイドがこうしたお知らせを掲載するのはかなり異例のこと。発表後、ネット上では「仕方ない」「当然のこと」とこれを受け入れる声や、実質「エロ同人禁止令」ともとれるお知らせに困惑する声、また具体的なラインが示されていないことについて「どこまでがセーフなのか分からない」と不安がる声など、さまざまな意見がみられました。


ウマ娘 似た例としては過去、実在する“神社”を擬人化したブラウザゲーム「社にほへと」に神社本庁が難色を示し問題になったことも(関連記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう