ニュース
» 2018年06月28日 10時00分 公開

2018年もひぇぇぇ 三和交通の「心霊タクシー2018」予約抽選開始 今年の恐怖ポイントを聞いてみた

冷ぇぇぇ。これ、ガチで涼しくなれるはず。受付は2018年7月12日12時まで。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 恐怖すぎる三和交通「心霊スポット巡礼ツアー2018」の抽選申込の受け付けが始まりました。

 心霊スポット巡礼ツアー2018は、ウワサのアノ場所をタクシーで巡る、恒例となった三和交通オリジナルの人気ツアーです(関連記事)。毎年グレードアップを続け恐怖度(?)もぐんぐん増しているといいます。2018年7月22日から8月27日までの期間限定で行われます。2018年はどれほど怖いのでしょう。三和交通に聞きました。

特設サイトキャプチャ 三和交通「心霊スポット巡礼ツアー2018」(公式サイトより)

 三和交通の心霊スポット巡礼ツアーは、遊園地などのいわゆるお化け屋敷とは違う「ひんやり体験」ができるのが大きなポイントです。地域情報に強いタクシー運転手が聞きつけたその手の「ウワサ」を元にコースを設定し、試走を重ねて作り上げた渾身のツアー。身の毛もよだつ(であろう)コースをお任せで回ってくれるのです。

 2018年は横浜、多魔(多摩)、凍京(東京)、不死身野(埼玉県ふじみ野)の4エリアで実施します。

── またやるんですね! 今回の注目コースは?

 全部おすすめですよ! どのエリアも新しいコースを追加しています。中でも注目してほしいのは“凍京”エリアです。こちらは「オールナイト」を初めて実施します。新宿駅を深夜22時30分出発、千葉まで行って東京に戻ってくる気合い入りまくりのツアーです。

東京エリア 恐怖度「5」のオールナイトコース登場

── オプションも増えたんですね。

 はい。2018年はドライバーが黒子(関連記事)、SP、忍者の扮装(ふんそう)をして(関連記事)案内するオプションを追加しました。

東京エリア SP“ふう”の彼なら守ってくれる(はず)(関連記事

── お、おう。あの人が来んのか(笑)。毎年、お客さんはどんな反応を?

 お客さまはやはり「好きな方」なので、皆さん喜んでくれます。「ここは知らなかった」と、心霊スポットに詳しい方にも知られていなかった場所にも行きます。もちろん、知られている有名スポットにも行きます。中には怖すぎて途中でリタイアしてしまう方もいますが、ほとんどの方が完乗しています。

東京エリアコース説明 凍京コースでは「超有名なあのトンネル」に行けちゃう

── お客さんはどんな方が多いのですか?

 女性が多いです。男性中心のグループにも女性が1人混ざっていたり。時間的にも場所的にも、自力ではなかなか行きづらいこともありますよね。でも、タクシーならば安心して行けます。こういったニーズをカバーできることがタクシーの大きな強みです。

── あの、素朴な疑問なのですが。このツアーをしていて、会社に変なこと起きてません?

 ツアー後は車両もドライバーも必ずおはらいをしているので。あ、そういえば、ツアー中にインスタントカメラで記念撮影をするのですが、高確率でなぜか変な写真が撮れちゃいます。なぜでしょうかね。体の一部が消えてしまうことがなぜか結構あります。ホント、なぜでしょうかね。



 しれっと「なぜか体の一部が消えます」なんて言ってますが、おい大丈夫なのかそれ……。前回の2017版は大人気で、なんと17倍の当選倍率だったそうです。三和交通の心霊スポット巡礼ツアー2018は三和交通のウェブサイトで抽選申込を受け付けています。抽選受付期間は2018年7月12日12時まで。今年の夏は涼しくなれそうです。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう