コラム
» 2018年06月29日 11時30分 公開

【マンガ】宝石の「ルビー」が振り仮名の「ルビ」になった理由

ちゃんと歴史的な理由があるそうです。

[ねとらぼ]

 難しい漢字表現などにつけられる振り仮名を指す「ルビ」。何だか宝石のルビーに似た響きですが、実は本当に、このルビーに由来する言葉なんだとか。今回は振り仮名の雑学をご紹介します。

解説

 19世紀後半のイギリスでは、活字の大きさを表すのに宝石の名前が用いられており、例えば、6.5ポイントならエメラルド、5.5ポイントはルビー、5ポイントはパールと呼ばれていたそうです。

 一方、この頃(明治時代)の日本の新聞には10.5ポイントの活字(5号活字)が、その振り仮名には5.25ポイントの7号活字が使われていたとか。この7号活字にもっとも近い大きさが、ルビー(5.5ポイント)だったことから、「振り仮名=ルビ」になったといわれています。

<参考記事>

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう