ニュース
» 2018年06月29日 15時10分 公開

押井守監督のメルマガ、廃刊 担当編集者が「心身ともに不調な状態」に

5年間ありがとう……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 押井守監督のメールマガジン「世界の半分を怒らせる」が8月末配信予定の第137号で廃刊になることが分かりました。

押井守監督のメルマガ、廃刊 担当編集者が「心身ともに不調な状態」に メルマガから書籍化もされていました(画像はAmazon.co.jpより

 同メルマガは2012年9月にniconicoが運営する「ブロマガ」上でスタート。毎月2回、コラムやインタビューなどを通じて押井監督の思想や近況がうかがえる貴重な媒体としてファンに親しまれてきました。

 6月28日に配信された第136号で押井監督は「当メルマガの編集者が心身ともに不調な状態に陥り、連絡もとれぬ状況が続いたことで確認に手間取り、結果として配信停止という事態に至りました」と事情を説明し、読者に謝罪しました。完全な閉鎖は8月末を予定しており、以後は過去の号も閲覧できなくなるとのこと。

 状況説明に合わせ、押井監督は「当メルマガの編集は、長年に渡って担当して来た当人を以て余人に替え難く、誠に遺憾ではありますが次号137号をもって廃刊とさせて戴くことになりました」ともつづっており、担当編集者への信頼感もにじませています。

押井守監督のメルマガ、廃刊 担当編集者が「心身ともに不調な状態」に 5年間の信頼もにじむ文面(メルマガより

 押井監督は無類のゲームファンとしても知られ、過去にはゲームに熱中するあまり原稿の送信を忘れてメルマガの配信が遅れるアクシデントも話題に(関連記事)。メルマガ公式Twitterではそんな押井監督とのほほえましい(?)やりとりもつぶさに公開していましたが、そちらの更新もブロマガと同じく5月中旬を境に滞っていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう