コラム
» 2018年07月06日 11時30分 公開

【マンガ】あじさいの花に見えるものは“本当の花”じゃないって知ってた?

花だと思っていたものは一体……。

[ねとらぼ]

 アジサイと聞いて、頭に浮かぶのは小さな花が丸く集まったような見た目。ですが、あれは“本当の花”ではないのだとか。一体、どういうことなんです?

解説

 一般にアジサイの花といわれている部分は、花びら状に成長した萼(がく)が集まった「装飾花」。花といえば花なのですが、雌しべ、雄しべなどが極端に退化しており、生殖器官としての役割を失っていることから、こう呼ばれています。

 対して、雄しべ、雌しべが発達する「通常花」は小さくて目立ちにくく、装飾花の中に隠れてしまっていることも。原種となった「ガクアジサイ」は装飾花が少ないのですが、そこから品種改良していった結果、あの“花(としての機能が退化した装飾花)が丸く集まったような見た目”になったといわれています。


装飾花しか見えないアジサイ


アジサイの原種とされるガクアジサイ。中央の通常花を、いくつかの装飾花が囲んでいます


ガクアジサイの通常花

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう