コラム
» 2018年07月23日 11時30分 公開

【マンガ】本当はめっちゃややこしいクッキー、ビスケットの違い

「完全に理解した(分かってない)」状態になりそう。

[ねとらぼ]

 「クッキー」という言葉で思い浮かぶのは、薄くて小さな焼き菓子。では、「ビスケット」ではどうでしょう。同様に、薄くて小さな焼き菓子を連想してしまうのではないでしょうか。

 この2つの言葉は一体どこが違うのか、それとも同じなのか。今回はそんな「実はややこしいクッキー、ビスケットの違い」をご紹介します。

解説

 クッキー、ビスケットの違いに関する説明で、最も分かりやすいのは「あの薄くて小さな焼き菓子は、イギリス英語ではビスケット、アメリカ英語ではクッキーと呼ばれる」というもの。この説明に従えば、「クッキーとビスケットは同じものを指す言葉」ということになります。

 しかし、「クッキー」「ビスケット」という言葉は非常に厄介で、例えば、「イギリスでは大きさ、柔らかさなどからクッキー、ビスケットが区別される一方、アメリカではまとめてクッキーと呼ばれる」といった具合に、英米両国で微妙に使い方が異なるのだとか。

 Oxford Dictionariesのコラムでは、こういった違いが「イギリスのビスケットはアメリカのクッキーで、アメリカのクッキーはイギリスのクッキーで、アメリカのビスケットはイギリスのスコーン。しかし、アメリカのスコーンは全くの別物」と表現されています。なるほど、分からん。

 では、日本ではクッキー、ビスケットはどのように使い分けられているのか。実は「ビスケット類の表示に関する公正競争規約」という決まりがあり、クッキーは「(ビスケットのうちで)『手づくり風』の外観を有し、糖分、脂肪分の合計が重量百分比で40%以上のもの」などと定められています。

 冒頭で示したように「クッキーとビスケットは同じもの」と説明されることもありますが、この規約に従うと「クッキーはビスケットの下位分類」ということになります。同じものといえば同じものですが、ちょっとニュアンスが異なるもよう。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう