コラム
» 2018年08月08日 11時30分 公開

【マンガ】「パンケーキの“パン”は食パンの“パン”ではない」って知ってた?

じゃあ、何なの? おいしいの?

[ねとらぼ]

 近年、人気を集めているパンケーキ。話題店の紹介情報なども多く、耳にする機会が増えましたが、こんな疑問を抱いたことがある人もいるのでは?

 「パンケーキはパンなの? それともケーキなの?」

 実はパンケーキの「パン」は、食パンの「パン」ではありません。では、一体、何なんです?

解説

 パンケーキの「パン」は、パンはパンでも食べられない方の「パン」、つまり、フライパンなどの調理器具を指す言葉。辞書などを調べると、「パンケーキとは小麦粉や牛乳などを原料とする食べ物。薄く、丸く、平らで、フライパンなどで作られる」のように説明されています。

 パンケーキに該当する食べ物は意外に多く、どら焼き、お好み焼きが「Japanese Pancake」と紹介されることがあります。また、人類の食の歴史をたどると「数千、数万年前から“パンケーキのようなもの”が作られていた」という風に解説されていることも。日本では「パンケーキ=おしゃれな軽食、スイーツの一種」として定着していますが、実はとても一般的な食べ物なんですね。

 ちなみに、よく似た言葉に「ホットケーキ」がありますが、パンケーキとの違いが分からないという人も多いのでは? 海外ではさらに「Flapjack」「Griddlecake」「Pikelet」などが、パンケーキのような意味を持つ語として知られており、Web上では「○○とパンケーキってどこが違うの?」といった質問が散見されます。どうやら「細かく言うと多少違うっぽいけど、よく分からん」という状況は、国際的に変わらないようです。

※日本では「パンケーキ=食事系」「ホットケーキ=スイーツ系」などと区別されることがあるが、明確な違いがあるわけではないもよう。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう