ニュース
» 2018年08月24日 20時12分 公開

レゴで作ったシーマンの絶妙な“そっくりさん感” キャラクターをゆるく再現した作品たちが見ていて楽しい

アニメやゲームのキャラをギリギリ似せたり、最初から似せる気がなかったりして面白い。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「シーマンできた〜〜〜!」とTwitterに投稿されたレゴ作品が衝撃的です。黄色い胴体にミニフィグ(レゴの人形)の頭がくっついていて、絶妙な“そっくりさん”感。それでも「シーマン」(セガ)だと言われればそうだと思えてくる、謎の説得力があります。


シーマン 水槽の演出もあいまって、シーマン感が伝わってくる

 作ったのはブログ「レゴ道」で多彩な作品を公開しているMoKo(@LEGOdouMoko)さん。ほかにも名探偵コナンシティーハンターなど、漫画やアニメ、ゲームのキャラクターを絶妙な再現度で作り上げています。カービィは顔面を凶悪に仕上げており、最初から似せる気などなさそうなのがおかしい。


コナン コナンや犯人たち。この並びだと、普通のパーツの組み合わせなのに、真ん中の男性がおっちゃんにしか見えない不思議

シティーハンター タルを使って香のハンマーを再現。「100t」って書き加えたい

DB

DB ドラゴンボールのラディッツ戦。やれーーーっ!!!!

ジェットマン





カービィ こんな怖いカービィは嫌だ

カービィ

カービィ


 MoKoさんは以前に、レゴでモビルスーツ「ハイゴッグ」を精巧に再現した凄腕の持ち主(関連記事)。「ファイナルファンタジーVII」の主人公・クラウドは、ポリゴン数の少なさまで含めて忠実に再現しています。うまい人は直球も変化球も達者なのだと、あらためて気付かされました。


クラウド

クラウド

クラウド フィールドにいるときの感じを再現。レゴとの相性が良かったそうです

画像提供:MoKo(@LEGOdouMoko)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう