コラム
» 2018年08月27日 11時00分 公開

【マンガ】「日本にも野生のサソリが生息している」って知ってた?

一応、毒針もあるとか。

[ねとらぼ]

 大きなハサミと、尾に針を持つサソリ。何となく「砂漠の生物」というイメージを持っていませんか? 実はサソリの生息範囲は広く、日本にも野生の個体が存在するのだとか。

 今回は、日本に生息するサソリの雑学をご紹介します。

解説

 サソリには、優に1000を超える種類があり、熱帯、温帯など世界各地に分布。日本ではちょっとマイナーな生物ですが、それでも2種だけ生息しているそうです。

 1つは石垣島、西表島などからなる八重山諸島に分布するヤエヤマサソリ。サソリの中では珍しい、単性生殖を行う種として知られています。全長は約4センチと小さいながらも、尾には毒針があるのですが……「毒性が非常に弱いうえに、針が人間の皮膚を貫通しない」ともいわれ、あまり危険視されていないようです。

 もう1つのマダラサソリは八重山諸島、宮古列島、小笠原諸島に分布するマダラサソリ。全長5〜7センチといわれ、ヤエヤマサソリよりは大きめ。ただし、こちらも毒性は弱いといわれています。

 この他、日本でサソリに遭遇する可能性として考えられるのは、例えば「輸入資材などに紛れこんだ個体が、港湾施設などで発見される」というもの。映画に出てくるような“猛毒を持つヤバいサソリ”に出会うとしたら、このようなケースかもしれません。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう