コラム
» 2018年08月30日 11時00分 公開

【マンガ】トレンチコートの“肩のアレ”、何に使うものか知ってる?

もともとは実用的なパーツ。

[ねとらぼ]

 男女ともに、定番ファッションとなっているトレンチコート。肩に装着されている細い布が、何のためについているのか気になったことはありませんか?

 実は歴史をたどると、あの布がちゃんと使われていた時代もあったのだとか。今回は、トレンチコートの雑学をご紹介します。

解説

 トレンチコートのトレンチ(trench)には「塹壕」という意味が。かつてイギリス軍が、第一次世界大戦で繰り広げられた塹壕戦に対応するために、防水性を持つコートとして使用していたことが知られています。

 肩についている細い布のパーツは「エポーレット」と呼ばれ、装備品を固定したり、階級を表したりするのに使われていたそうです。また、ベルト部分には「Dリング」という金具が付いていることがあるのですが、こちらも水筒、手りゅう弾などを持ち運ぶ際に利用されていたとか。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう