コラム
» 2018年09月05日 12時00分 公開

【マンガ】「アイスクリームは賞味期限がない」って、結局どういうことなの?

古いやつでも、本当にセーフ?

[ねとらぼ]

 自宅に保存している食品を食べるとき、気になるのが消費期限や賞味期限。誰もが一度は、期限が過ぎているのを見て、手にとった食品を我慢した経験があるのではないでしょうか。

 しかし、かえって悩ましいのが、これらの期限表示が“ない”場合。例えば、「アイスクリームには賞味期限がない」といわれることがありますが、これは一体どういうことなのでしょうか。いつ買ってきたか全く思い出せないような場合でも問題ないのかな……?

解説

 基本的に、加工食品は消費期限、賞味期限のいずれかを記載するよう定められているのですが、これには一部例外が。「加工食品品質表示基準」を見ると、「品質の劣化が極めて少ないもの」に関しては「賞味期限及び保存方法」を省略してもよいとされています。

 この「品質の劣化が極めて少ないもの」には食塩、チューインガムなどに加え、「アイスクリーム類」が該当。日本アイスクリーム協会によれば、「温度管理がきちんとされていれば、細菌が減ることはあっても増えることはなく、長期間保存しても品質変化は極めてわずか」だといいます。

 ただし、「温度管理がきちんとされていれば」という条件がついているように、ちゃんと保存できなかった場合は話が変わります。実際のところ、冷凍庫内の温度は扉の開閉などで変動してしまうもので、自宅で理想的な保存状態をキープするのは難しいもよう。そのため、グリコなど大手メーカーのWebサイト上では「(おいしく食べたいなら)購入後、なるべく早めに食べるのがおすすめ」などと説明されています。

おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう