コラム
» 2018年09月06日 11時00分 公開

メーカー各社が注意喚起する“カップ麺にちょい足ししてはいけないもの”

「意外とおいしくなかった」みたいな問題ではない。

[ねとらぼ]

 つい、いろいろと試したくなってしまうカップ麺のちょい足しレシピ。「あれがおいしい」「これがイケる」と聞いて、チャレンジした経験がある人は多いのでは?

 しかし、実は食品の中には、メーカー各社が“入れてはいけない”と注意喚起しているものも。一体、どんな食品なんです?

解説

 メーカー各社、日本即席食品工業協会が“入れてはいけない食品”として挙げているのは、以下の通り。

  • しそ油
  • エゴマ油
  • ココナッツオイル(ヤシ油)
  • 亜麻仁油
  • 「中鎖脂肪酸」を多く含む食品

 カップ麺には「発泡ポリスチレン(一般には発泡スチロールと呼ばれる)」製の容器が多いのですが、これらの食品を加えて熱湯を注ぐと、容器が溶けてお湯がこぼれてしまう可能性があるのだそうです。つまり、味ではなく、容器の問題で避けるべきというわけです。

 ちなみに、発泡スチロールはカップ麺に限らず、食品容器に広く利用されている素材。この他にも揚げたてのてんぷらのような高温の食品、かんきつ類の皮に含まれる油などに弱いことが知られています。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう