コラム
» 2018年09月10日 12時00分 公開

【マンガ】消防車は“本当は赤色の塗装じゃない”って知ってた?

よーく見ると……。

[ねとらぼ]

 「救急車は白色。では、消防車は何色でしょうか」。この質問には、ほとんどの人が「赤色」と答えるはず。ですが、本当は“赤とは微妙に違う色”になっているのだとか。一体、どういうことなんです?

解説

 消防車の塗装については「道路運送車両の保安基準」で定められており、その色は赤色ではなく、「朱色」とされています。印鑑などにも使われている、赤とオレンジの中間色です。一般的にはおおまかに赤色といわれるものの、法規上はより詳細に規定されているというわけですね。

 朱色が採用された理由については「輸入した消防車両の色などを踏襲した」などといわれており、消防車両の製造を手掛ける日本機械工業によると、実際に「諸外国でも『朱色』が一般的」なのだそうです。

 ちなみに、朱色をざっくり赤色と表現してしまうのは、現代人の色彩感覚が衰えているから……というわけではないもよう。昭和24(1948)年の「照明学会雑誌」にも「『coca cola』と書かれた“赤い”自動車を見て、びっくり。“赤色”は、消防車か郵便局のものだけだと思っていた」という記事が掲載されています。……というか、そんなに珍しかったんですね、赤い自動車。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう