コラム
» 2018年09月17日 11時00分 公開

【マンガ】「ソシャゲに課金」という言い方、違和感を覚えたことはありませんか?

実は近年使われるようになった表現。

[ねとらぼ]

 近年、耳にするようになった「ソシャゲに課金」というフレーズ。何げなく使われていますが、言語表現として見ると少し変わったところがあるのだとか。今回は、「課金」の“近年現れた新しい意味”をご紹介します。

解説

 課金は本来「利用料金などの支払いを課す」という意味の言葉で、ソシャゲでいえば「課金する」のは運営側、「課金される」のは利用者側。しかし、近年は「課金し過ぎて、生活費が足りない」のように、利用者が料金を支払うことも「課金する」といわれるようになっています。お金をもらう側から、お金を払う側に主語が入れ替わってしまったというわけです。

 似たような変化が起こった言葉として挙げられるのは「募金」。もともとは「寄付金を募って集めること」を指していましたが、寄付金を差し出すことも「募金」といわれるように。こちらの場合では主語が募集する側から、募集される側に入れ替わっています。

 どちらの表現も広く使われているため、誤用と断言するのは難しいと思われますが、もしも聞き慣れていない人がいたら、違和感を覚えてしまうかもしれません。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう