ニュース
» 2018年09月30日 19時00分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:きょうのどくしょかい…たのしかったです! こぐまのケーキ屋さん(34)「ほんやさん」

本屋さんに行きたくなってくる回です。

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第166話〜第170話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「つきのもよう」


こぐまのケーキ屋さん


「つきのうさぎさん」


こぐまのケーキ屋さん


「ほんやさん」


こぐまのケーキ屋さん


「ほんやさんのあるある?」


こぐまのケーキ屋さん


「どくしょかい」


こぐまのケーキ屋さん


ながめて出会って帰ってからも楽しい本屋さん

 「ほんやさんにいってもいいですか?」と、こぐまさんの言葉で本屋さんに寄ることにした2人。なんだか楽しい気分になるこぐま店長と、それに同意する店員さん。どちらも本が好きなのはこれまでのエピソードでも描かれているだけに、一緒に本屋さんで本をながめている2人のワクワクが伝わってきます。

 「けーきのれしぴのほん」「ずかん」「うそのおはなし(※フィクション作品のこと)」が好きだと話すこぐまさんはとっても嬉しそうで、また「かっぱのきゅうり屋さん」という思わぬ本との出会いもあり、帰る時も「ほくほく……」と楽しみが続きます。本を見てるとき、出会ったとき、帰るまで、そして読むとき。そんな本屋さんのいろいろな楽しい瞬間に共感して、見てるだけで行きたくなってきます……!


こぐまのケーキ屋さん

 今回のラスト170話「どくしょかい」では、コーヒーを入れて読書会をするはずが、話が盛り上がって本を開けずに終わる2人が描かれます。これは友だちとやるとよくある「うっかり」ですが、「のんびり」できて楽しかったのは間違いなく、とっても「ほっこり」する一日です。本はあとでも好きなときに読める。それもまた本の良いところなのかもしれない、なんて思うエピソードでした。


こぐまのケーキ屋さん

 思えば、65話で一緒に図書館に行って、たくさん借りた70話では一緒に並んで本を読み、89話でもお互いにコーヒーを注ぎつつ読んだりと、2人と本のエピソードは多く、そこにはいつも温かい時間が流れているのを感じます。コメントでもそれらの場面を思い出す声があり、どの“読書会”も好きという声や、その2人の幸せな空気感に癒される人も多いようでした。

 今度のお休みには同じように本屋さんに行って、気の合う人や大事な人と本をゆっくり読んだりしたい。そんな風に思う、まったりとした癒やしの回でした。




これまでのこぐまのケーキ屋さん一覧



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう