ニュース
» 2018年04月15日 19時00分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:あしたのつぎにはまたあしたがあります こぐまのケーキ屋さん(18)「またあした」

いつまでも遊びたい気持ちは大切に包んで明日へ。

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第86話〜第90話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「おすなば」


こぐまのケーキ屋さん


「またあした」


こぐまのケーキ屋さん


「ばーむくーへん」


こぐまのケーキ屋さん


「どくしょたいむ」


こぐまのケーキ屋さん


「ひみつです!」


こぐまのケーキ屋さん


きょうの空が黄昏れるとき

 公園にある遊具を見つけ、気になっては遊び始めたこぐまさんと店員さん(前回参照)。すべりだい、ぶらんこ、しーそー、と遊んだ後は「おすなば」で、こぐま店長が言い出した“けーきやさんごっこ”がスタート。すると「おすなです」とそのままのモノを出してしまったり、「おいもです!」とケーキ屋さんの設定がどこかへいってしまう店長。そういえば以前も“いちばん好きなケーキ”を聞かれて「おいも」というワードが出ていたような……(18話参照)。やっぱりこぐまさんにとって12話(参照)の石焼き芋は思い出深いのかも。

 そんなこんなで2人でたくさん遊んでいると、太陽が沈みだして昼と夜の境目に。「もうちょっとあそびたいです…」というこぐまさんに、「また明日遊びにきましょう」と店員さん。さらに「あしただけですか?」「明日のまた次の明日にも来ましょう」という会話が続き、それを聞いたこぐまさんは「そうでした あしたのつぎにはまたあしたがあります」と言って、2人で同じ道を帰るのでした。明日の次にはまた明日がある、当たり前のことかもしれませんが、そこにある幸せを思い出させてくれる、そんなお話になんだか涙がでそうになります。


こぐまのケーキ屋さん

 88話では、みんな大好き「ばーむくーへん」の話題に。外側から1枚ずつはがして食べるのがおいしいと話す店員さんに、切ってから生クリームをのせて食べるというこぐまさん。さらにミルクにつけて食べる派のウサギさんも登場します。本場のドイツでは上からナイフでそいで食べるという豆知識も語られますが、Twitterのコメントでは他にもヨーグルトをかけたり、チーズをのせてチンしたり、そのままかぶりついたりと、いろいろな食べ方が寄せられているのがまた面白いです。どれも試してみたくなる……!


こぐまのケーキ屋さん

 そして90話では、21話「プリンアラモード」(参照)のように、こぐま店長が言えない名前のお菓子が出てきますが、今回は「ひみつです!」と、“言わない”という方法で回避するこぐまさん。裏でがんばって練習している姿がとってもかわいいですが、次回も再び言えない名前のお菓子が登場します。どうする、こぐまさん……!?




これまでのこぐまのケーキ屋さん一覧



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう