コラム
» 2018年10月08日 11時00分 公開

施術は「セ」ジュツ? 「シ」ジュツ? 「施」の読み方が業界によって変わる理由

ある意味、難読漢字?

[ねとらぼ]

 「マッサージの施術」などと使われる「施術」。あなたは「『シ』ジュツ」「『セ』ジュツ」のどちらが“正しい読み方”だと思いますか?

 先に結論を言ってしまうと、「セ」「シ」どちらでも“間違いではない”といわれています。これには「施」という漢字が持つ、ちょっと厄介な側面が関わっているのだとか。

解説

 「施」という漢字は「シ」「セ」という読み方があり、「実施」なら「シ」、「お布施」なら「セ」と読まれます。しかし、難しいのは「施術」「施策」「施行」といった場合。これらの熟語では「『シ』ジュツ」「『セ』ジュツ」のように、人によって読み方が変わってしまうのだそうです。

 この原因の1つとして挙げられるのは、発音が他の表現と似ていてまぎらわしい、というもの。例えば、「施術(シジュツ)」「手術(シュジュツ)」のような聞き間違いが起こる可能性が考えられます。本来の読み方は「シジュツ」とされていますが、ニュースなどでは勘違いを防ぐために「セジュツ」という読みを用いる場合があるそうです。

 また、さらにややこしいのは「施工」と「施行」。どちらも「セコウ」「シコウ」と読めてしまいますが、工事関係者などのあいだでは「施工=セコウ、施行=シコウ」と分ける慣習があるとか。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう