ニュース
» 2018年10月13日 20時00分 公開

強面だけど優しさの塊 見た目ヤンキーのお兄ちゃんが“生活の知恵”を授ける漫画にギャップ萌えが止まらない (1/2)

ギャップがありすぎて天然人たらしなヤンキー。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 誰もがひるんでしまうような怖い顔をしたお兄ちゃんなのに、口を開けば優しさあふれる生活の知恵を与えてくれる漫画「通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー」が、ギャップ萌えとライフハックの連続で好評です。6月にTwitterで1話が公開されて話題にもなりました(関連記事)。作者はガンガンONLINEで連載中の「幻想グルメ」の作画を担当するおつじさん。

おつじ 知恵袋 ギャップ萌え こいつ、ただのヤンキーじゃねえぞ……!

 セミの鳴き声もうるさく響く真夏の暑い朝。保育園の先生、梅ちゃんが汗だくになりながら園児のお出迎えをしていると、園児のたっくんが男の人に抱っこされながら登園してきました。しかしたっくんが「お兄さん」と笑って話している相手はいかにもヤンキー。梅ちゃんの一番苦手なタイプです。「たっくんもう大きいので抱っこしなくてもいいと思いますよ」と、恐る恐る助言をすると、彼は黙ってしまいました。

おつじ 知恵袋 ギャップ萌え 保育園の先生も暑い中立ちっぱなしで大変です
おつじ 知恵袋 ギャップ萌え たっくんは前回の漫画でアイスをこぼしちゃった男の子です

 「難クセ付けたと思われた!?」と心配になる梅ちゃんですが、「すみません……」とヤンキーはサングラスを外して淡々と話し始めます。アスファルトに近い子どもはより暑さを感じるから避難させていたと、ヤンキーとは思えない優しく思いやりのある行動に梅ちゃんも思わず「!?」となってしまいました。さらに、しぼりがある袖の服をやめてズボンのベルトを穴ひとつ緩めるだけで熱中症対策になると、梅ちゃんのことまで気にかけてワンポイントアドバイスをくれました。え、なにこのヤンキー……。

おつじ 知恵袋 ギャップ萌え 気配りと気遣いのできるヤンキー

 「ヤンキーが優しさを見せると好感度があがって、普段からまじめな人よりいい人っぽく見える」のが嫌いな梅ちゃんにヤンキーは追い打ちをかけます。水分補給だけでは身体に悪いからと言って渡したのは、熱中症対策に欠かせない塩キャンディ。またしても思いがけない優しさを見せられて、梅ちゃんは怒りのあまり握りこぶしを作って顔を真っ赤に。嫌いなヤンキーに優しくされたのがあまりにも悔しくて、「おめーの100倍(?)塩分摂ったるわい」と、ムキになってアメを食べるのでした。

おつじ 知恵袋 ギャップ萌え 悪そうな人から優しくされると、余計にうれしくなっちゃうとかあるある
おつじ 知恵袋 ギャップ萌え 塩分摂取もほどほどに

 この漫画には多くの人から「好き」という感想や続きを求める声が寄せられ、「近所にいて欲しい人ナンバーワン」「舎弟になりたい」という絶賛の声も届いています。

 「通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー」シリーズはTwitterpixivで公開されており、梅ちゃんはいくつかのエピソードに登場しています。服に穴が開いてしまった梅ちゃんのおばあちゃんにお直しのアドバイスをくれるエピソードや、ラーメン屋で「ストレスにはシンプルに肉」と幸せチャージのチャーシューをごちそうしてくれるお話も。またヤンキーが保育園の女の子に懐かれてしまい、梅ちゃんが2人の間にただならぬ空気を感じ取るエピソードも投稿されています。

おつじ 知恵袋 ギャップ萌え 3話より。相手の年齢問わずワンポイントアドバイスをお披露目してくれます
おつじ 知恵袋 ギャップ萌え 5話より。肉に幸せホルモン入ってるなんて知らなかった
おつじ 知恵袋 ギャップ萌え 6話より。遅くまで残る女の子が寂しくないように、口実つけて一緒に残ってくれる優しさ。こんなの好きになるに決まってるじゃん!
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.