ニュース
» 2018年10月21日 19時00分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:ずっとおまちしておりました…! こぐまのケーキ屋さん(36)「みんなでやきいも」

今年も気づいたら「はちはち…」で「うまうま…」な季節です。

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第176話〜第180話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「きういのたると」


こぐまのケーキ屋さん


「きんもくせい」


こぐまのケーキ屋さん


「ことしもやってきた」


こぐまのケーキ屋さん


「みんなでやきいも」


こぐまのケーキ屋さん


「ころもがえ」


こぐまのケーキ屋さん


かっぱさんはケーキに、こぐまさんはおいもに涙

 かっぱさんのためにキュウリを使ったデザートをひたすら考えるこぐまのケーキ屋さん。失敗が続いた前回ですが、その最後でうさぎさんから「きゅうり」ではなく「きうい」を使うというアイデアが飛び出します。その案に賛成したこぐま店長は……?

 その夜こぐまさんが夢で見たのは、作った「きういのたると」を食べて、「きゅうりじゃなくてきういですが…その、きもちがうれしいのです…」とぽろりぽろりと泣くかっぱさんの姿。ベッドでかっぱさんのぬいぐるみと一緒に寝ながら「よかったねえ…よかったねえ…」と涙を流すこぐまさんに、こちらも思わず「よかった……本当によかった」と優しい気持ちになります。ちなみに、よく見ると部屋の写真立てには店員さんの写真が貼るように追加されており、そこにもホロリとくるものがありました。


こぐまのケーキ屋さん

 そして話は変わり、178話では店長が「ずっとおまちしておりました…!」とまで話す“石焼きいも屋さん”が登場。うれし涙を流しながらおじさんを呼ぶこぐまさんを見ていると、初めて石焼きいもを食べた12話(参照)と、その後にいちばん好きなケーキを聞かれて「おいも?」と答えてしまった18話(参照)を思い出します。こぐまさんが「はちはち…うまうま…」と食べる季節が今年も!


こぐまのケーキ屋さん

 今年はこぐまさん、店員さん、うさぎさんの3人が並んで食べる幸せそうな表情にほっこりしつつ、「くまは、ばたーをつけてたべます」とちょっぴり贅沢(ぜいたく)な食べ方をする姿に、去年と同じく無性に石焼きいもが食べたくなってくる回でもありました。外から声が聞こえてきたら追いかけてしまいそう……!




これまでのこぐまのケーキ屋さん一覧



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう