コラム
» 2018年10月31日 11時00分 公開

【マンガ】永谷園のお茶づけに「あられ」が入っている意外な理由

製品によっては細長いこともある、あの具材。

[ねとらぼ]

 永谷園のお茶づけといえば、誰もが一度は食べたことがあるロングセラー商品。具材に小さなあられが使われていますが、なぜ入れるようになったのかご存じですか?

解説

 永谷園によると、京都ではお茶づけにおかきなどを入れることがあり、同社のお茶づけに入っているあられは、その習慣を参考にトッピングしたものだとか。

 香ばしい風味を出すことに加え、「お茶づけ海苔」発売当時(1952年)は、「吸湿性のあるあられを入れることで、パッケージ内の湿気を防ぐ」という意味合いもあったとのこと。このころは「アルミ箔もポリエチレンもない時代」で、製品の湿度管理が難しかったのだそうです。

おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう