コラム
» 2018年11月22日 11時00分 公開

【マンガ】「2時間目と3時間目のあいだの長い休み時間」、どう呼んでた? 大人になっても気付きにくい「学校方言」

出身地によって、けっこう答えが変わるはず。

[ねとらぼ]

 「小学校の2時間目、3時間目のあいだにある、ちょっと長い休み時間」、あなたは何と呼んでいましたか?

 これは「気付きにくい方言」の一例として知られており、都道府県によって異なる言い方をしていることが多いのだとか。

解説

 2時間目、3時間目のあいだの休み時間には、地域ごとに以下のような表現があるといわれています。

  • 業間休み
  • 中休み
  • 中間休み
  • 長休み
  • 大休憩
  • 20分休み
  • 20分放課
  • 長放課

 これは「学校方言(学校生活に関わる方言)」と呼ばれているもの。教職員の異動がよく同じ都道府県内で行われることなどから、「都道府県ごとに言い方が変わる」傾向があるそうです。

 また、学校方言には「校内では当たり前のように使われているが、卒業すると使う機会が減る」という特徴もあるのだとか。このため、大人になって世界が広がり、他地域の人と話す機会が増えても、言葉の地域差に気付きにくいといわれています。


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう