ニュース
» 2018年11月23日 19時59分 公開

中国・深センで目撃された高層ビルの「超絶LEDマッピング」が桁違いの壮大さ 「メンテナンス作業を想うと震えた」

ここが未来か……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 中国・広東省の深セン市で見られた、高層ビルのLEDマッピングによるライトショーがすさまじいと話題になっています



 撮影・投稿したのは、360度プロジェクションマッピングなどによる数々のアートプロジェクトを手掛けているミックスメディアプロダクション「COSMIC LAB」の代表・Colo Miuller(@ColoColoCosmic)さん(関連記事)。

 そんなColo Miullerさんが「超絶LEDマッピングが発狂してた」と表現しているように、視界全体に広がる複数の高層ビルがさまざまな色に染まり、眩しいほど明るく光る様子は圧巻で、まさにこれが本当のイルミネーションシティといった感じです。壮大さが桁違いだった……。


深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 眩しいほどの青色に光る高層ビル群

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 一瞬で鮮やかな赤色に

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 全体で絵のような表現も

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 花火もビルの中で打ち上がります

 この未来を感じさせるライトショーは、中国の改革開放40周年を記念したもので、中国のメディアによると9月28日から毎晩開催されているようです。また同記事によると150万セット以上のライトが使用され、建設には1億8900万元(約30億円)ほど、1回当たりの電気代は約839元(約1万4000円)ほどかかっているとのこと。


深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 180度以上に渡ってライトショーが展開しています

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 ぐるりと囲まれたライトショーの壮大さがすさまじい

 なお、LEDビジョンを販売・レンタルしている「LED TOKYO」の説明によると、深センのライトショーにはカーテンタイプの特殊なLEDが使用されているようです。各ビルの映像を連動させているのがまたすごい。


深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 いろんな形のビルがそれぞれ光っています

深セン ビル LEDマッピング 中国 改革開放40年 記念行事 この未来感はすごい

 コメントでは「すごい」「完全に未来いってる」と驚く声が多く上がり、他にもそのサイバーパンクな見た目に「ブレードランナーの世界みたい」といった感想もみられます。また「生で見たい」という声も上がっていますが、年内(12月31日)まで開催されているようなので、興味のある人は現地を訪れてみるのもいいかもしれません。




画像提供:Colo Miuller(@ColoColoCosmic)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう