ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

スマホゲーム「妖怪惑星クラリス」、「今日サービス終了させていただきます」との言葉を残し突然死 ゲームも公式サイトも接続不能に

ええええ……。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 スマートフォン用ゲーム「妖怪惑星クラリス」が突然サービス終了を発表し、ゲームファンの間に混乱が広がっています。公式Twitterでの告知が2月23日20時27分で、その数分後にはゲームにログインできなくなり、20分ほどで公式サイトにもつながらない状態に。Android版のリリースから数えて、サービス期間はわずか75日でした。





妖怪惑星クラリス 公式サイトは早くもつながらない状態に

 終了告知は「いつもご応援ありがとうございます!残念ながら、今日サービス終了させていただきます!」というシンプルなもので、サービス終了の理由などは一切不明なまま。また有料アイテムの扱いなどについての案内もなく、告知からわずか数分でプレイすら不可能になるというのはかなり異例といえます。最近では新機能開発のためのクラウドファンディングも行っており、現在までに13万3000円を集めていましたが(※)、その使途などについても不明です。

※プロジェクトが達成してもしなくても支援金を受け取れる「All-In方式」でした


妖怪惑星クラリス ゲーム画面(Google Playより)

 「妖怪惑星クラリス」はKola Entertainmentが配信していたスマートフォン用ゲーム。発表当初からサイケデリックな絵柄やぶっ飛んだ世界観などで「キャラが全部クソコラみたいなソシャゲ」と注目を集めましたが、正式リリースに先駆けて「キャラクターの名前を一般ユーザーから募集する」という企画を実施したところ、「珍ポンデリング」や「ケッツァーナ子・ワレトル」などのとんでもない名前が多数誕生。ただ、いわゆる「淫夢」ネタや、特定の団体・人物などをもじったネタも多く、一部では「商業コンテンツとしては一線を越えている」との見方もありました。

 また、つい最近も「レツゴー平昌オリンピック」という、オリンピックの商標を堂々と使ったイベントを開催するなど、かなりの無法地帯となっていました。


妖怪惑星クラリス まさかのオリンピックイベント実施という暴挙

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る