ニュース
» 2005年02月10日 19時31分 公開

編集部にリアル「紅忍」(れっどにんじゃ)こっそり来襲(1/2 ページ)

煮詰まった編集部に天使、もといくのいちが舞い降りた。こぼれそうな胸と、スラリと伸びた美脚に、うっとりしてたら殺されそうに……。

[ITmedia]

仕事なんてしている場合ではない!

 群雄割拠ひしめく戦国時代を、暗器「鉄絃」(てつげん)使いの紅(くれない)が、華麗に忍んで敵を葬る「紅忍 血河の舞」(れっどにんじゃ けっかのまい)(以下、紅忍)。今回はゲームに登場する美少女くのいち紅に扮した橋爪友里さんが、こっそり忍んでキャンペーンにやってきた。というか、その大胆な衣裳では、すっごく目立つわけで……。零れそうな胸が気になって仕事に手がつかないのだが、まずはどんなゲームかおさらいしておこう!

 「紅忍」は鉄絃を操っての超絶ワイヤーアクションが特徴だ。ミッションクリアのために、ある時は敵に発見されないように伏し隠れ、またある時は大胆に敵を闇に葬る。戦国の暗部に蠢く忍者らしく、目的のためには様々な手段を用いて敵を排除する。

 紅は暗器「鉄絃」だけではなく、「吹き矢」「煙幕」「爆弾」など、多彩な道具を用いた攻撃が可能。壁走り、水遁、気遁(光学迷彩)などの忍法も自由自在だ。また、くのいちならではのお色気誘惑だってできてしまう! 色に溺れた侍はおびき寄せて絞めるもよし、無粋な朴念仁は真っ向勝負でねじ伏せてもよし。それが「紅忍」の醍醐味である。

紅(くれない)。本作の主人公。鉄砲造りの名人の娘として生まれる。目の前で父を惨殺され、自らも瀕死の重傷を負うが千代女に救出され、以後武田の忍び郷で育てられる。暗器「鉄絃」の使い手
紅に扮した橋爪友里さん。1984年1月14日に大分県で生まれる。趣味は半身浴と読書で、口の上のホクロがチャームポイント。すくすくと成長し、現在Fカップまで育つ。サックスと博多弁の使い手

紅の習得した暗器「鉄絃」とは?

 名が示すように鉄の絃(いと)で、その使い方は先端に何をつけるかで多様に変化する。敵を鉄絃で絡めとり、そのまま切り裂く「鉄絃斬り」や、分銅で首、胴体、脚などを絞め、梁などに吊る「鉄絃絞め」、敵を柱などに縛りつけ身動きできないようにする「鉄絃絡め」など、その仕様目的は多岐に渡る。

分銅を鉄絃の先にとりつけて振り回し、ビシバシ敵を叩いてダメージを与えたり、投げて絡めて動きを封じることもできる。こうやって敵に投げて……
ぶすり
梁や柱を利用して移動に使用することもできる。音もなく見張りの上を進んでいく……スパイ○ーマン?
自分じゃなくて敵を吊るすことだって可能。必殺仕事人を彷彿。首、胴体、脚など、様々な箇所に絡めることができるので、あなたのサドっ気次第で巧みな仕事も思いのまま!
じゃあ実演してみましょうと、近くにいた別の編集部の若い子にステルスキルをかまそうとする橋爪「紅」。ゲーム同様、そのあふれそうな胸元から出したのはやっぱり鉄絃。たぶんもうすぐやられてしまう……
ゲームのワイヤーアクションを説明するためとはいえ可愛そうなことをした。このように、状況に応じて敵を各個撃破していく。若いのが気にならなくもないが、いろいろ見えそうでそれどころではない。は! これがお色気誘惑というものか!?

ステルス&お色気誘惑

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙