ニュース
» 2005年05月20日 16時46分 公開

ビベンディ ユニバーサル ゲームズブース:次世代機タイトルが動いているとの噂を得て謎の小部屋へ潜入

次世代機タイトルが動いているとの噂を得て謎の小部屋へ潜入。

[加藤亘,ITmedia]

 既報によるとビベンディ ユニバーサル ゲームズでは次世代機向けタイトルがあるとのこと。それが「SCARFACE THE WORLD YOURS」。

 「SCARFACE」とは1983年、アメリカで公開されるや一大センセーショナルを起こした「暗黒街の顔役」のリメイク映画で、一文無しからギャングのトップにまで登りつめた主役のトニー・モンタナをアル・パチーノが演じ、特にその脚本の素晴らしさにアカデミー賞の脚本賞が贈られるほどの傑作である。

 トニー・モンタナは映画の最後で銃撃戦の最中、後ろから襲われ階下の水場に落ち込み、最期を迎えるのだが、ゲームはその10分前から始まり、“もし彼がその銃撃戦に生き残ったら”というifを体験できる内容となっている。

 アメリカにとってはある意味「ゴッドファーザー」よりも特別な「SCARFACE」が、PS2&XboxそしてPCとゲーム化され、次世代機Xbox 360でも発売される。E3会場のビベンディ ユニバーサル ゲームズのブースにはその「SCARFACE」の壁が出来上がり、なにかしらの映像でも見ようかと……ない……。

 実はその壁の中心――四方を囲まれたクローズドデモルームでは「SCARFACE」のトニー・モンタナがいそうな執務室が作られ、「SCARFACE」が遊べるようになっていた。

 デモンストレーションは係りの人間の操作を見るだけに留まったが、見るところ現行機のXboxを使用している。

 デモでは映画の冒頭シーンから始まり、まさに後ろから襲撃されんとしているところでトニーはそれを避け……。こうして本来エンドマークが出るべきところを、生き延びたことにより、トニーは別の人生を歩むことになる。すべてを得ようと、大事なものを失った自分が、もうひとつの世界でどうするのかを体験できる。脚本は「アメリカンヒストリーX」のデビッド・マッケンナが担当。

 ゲームはシナリオに沿って進むが比較的自由度が高く、トニーを使って銃撃戦をかいくぐり、カーチェイスや水上での戦いをクリアしていく。ただし、あくまでもトニーらしさが大事で、彼らしからぬこと(たとえば堅気の人間を巻き込んでしまったり)をするとゲージが下がり名声を下げてしまうことになる。

 北米ではXbox 360版も含めて本年末の発売を予定している。日本での発売については未定だ。


 また、ビベンディ ユニバーサル ゲームズブースで目立っていたのが、全世界で1700万枚のセールスを記録しているヒップホップ界のカリスマ「50CENT」のゲーム「50CENT Bulletproof」だろう。

 彼自身が陰謀に巻き込まれてしまい、時には力で、時にはやっぱり力で対処していく、実に簡単明快な3Dシューティングアクション。彼の音楽をリミックスできるシステムもあり。PS2とXboxは2005年の秋に、PSPは2006年発売予定。

 50CENTはこの秋、自らの自叙伝的映画にも登場する。さすがはエムネムに見出されただけもある、とエムネムのことをうっさら思っていると、なんとE3開幕に合わせ「50CENT Bulletproof」にエムネムご自身も出演。そして同じくプロデュース繋がりでドクタードレも参加している。とはいえ、こちらは自分自身がゲームに出演しているわけではなく、ゲーム中の1キャラの声を担当しているといった感じ。本人が声も出演も兼ねているのは50CENTとG-Unitのみ。

 こちらもクローズドデモルーム(というか50CENTミュージアムのような関連商品が陳列された部屋)で、ゲーム内容の説明を受けたが、残念ながらやはり日本でも発売は決まっていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた