「次世代のゲームを自分達が作っていく」――水口哲也氏、サンユン・リー氏インタビュー

マイクロソフトブースにて、Xbox 360の新作「NINETY-NINE NIGHTS」を手がけているキューエンタテインメント代表取締役CCOの水口哲也氏、韓国PHANTAGRAMのプレジデント&CEOであるサンユン・リー氏から話をうかがうことができた。以下その合同インタビューの抜粋を掲載する。

» 2005年05月20日 18時44分 公開
[小林仁,ITmedia]
photo キューエンタテインメント代表取締役CCO 水口哲也氏(右)と、韓国PHANTAGRAM プレジデント&CEO サンユン・リー氏(左)

ITmedia まずは、今回の日韓合同のプロジェクトが開始された経緯を教えてください。

水口 最初はマイクロソフトさんから「Xbox 360のソフトを手掛けてみないか」という声を掛けられ、そこでいくつかの企画をあたためると同時にパートナーシップを組める相手を探していたんです。そんななかPHANTAGRAMさんとのコラボレーションの話があり、お互いに「これは縁があるな、うまくいきそうだな」と感じて今回の共同制作がスタートしています。

リー 私達のほうは、その話があった頃ちょうどXbox版「Kingdom Under Fire:The Crusaders」の制作を終えたばかりの時期でした。すでに次回作の制作を始めていたのですが、水口さんとお会いしてから「一緒にやってみたい」という気持ちが強くなり「NINETY-NINE NIGHTS」に注力することにしました。

ITmedia Xbox 360という新ハードをターゲットとして進めるにあたり、どのような点に注意してソフト開発を進めていますか?

リー 私個人の考えですが、Xbox 360の性能を(ソフト側が)マキシマムに使いこなすまでにはあと2年はかかると思っています。現在の方向性としては「独自の判断で動く1000〜2000のオブジェクト(キャラクター)を画面内に表示させることで1〜2万人規模の戦闘を描く」ことを考えていますが、今後はプログラム開発についてもGPUとCPUをマルチプルに使いこなして性能を引き出すといった従来とは違うアプローチも必要となるでしょう。

photo

ITmedia 今作のコンセプトは「大軍勢感」ということですが、これだけの膨大なキャラクターをどうやってゲームとして楽しめるようなアイデアに落とし込んだのでしょうか?

水口 ゲーム的な話で言えば、PHANTAGRAMという会社はすでに「Kingdom Under Fire:The Crusaders」という素晴らしいゲームを発表しています。この作品にはストラテジーとアクションという2つの要素が入っていますが、ストラテジー的要素のほうが色濃く出ている。今回の「NINETY-NINE NIGHTS」は、その比率をアクション的要素のほうに大きく寄せて「気持ちのいいアクション」になるよう目指しているところです。

リー 今はまだ画面をお見せできないのですが、刀の一振りで大勢の的をなぎ払えるような”映画的な要素(=痛快さ)”を体験できるようなゲームにしようとしています。

ITmedia 水口さんはPS、PS2、Xboxとハードの進化に応じて毎回新しいタイプのゲームを模索してきたクリエイターのひとりだと思いますが、Xbox 360のようにこれから登場する次世代機は、ゲームにどのような変化をもたらすと考えておられますか。

水口 今回のE3はゲームのHD(高解像度)化が報じられていますが、僕はユーザーにとって「スーパーリアルな世界が体験できる」から良いっていう(流れ)には、はなはだ疑問なんですよ。リアルなものは、結局いずれ見慣れてしまう。もしそれだけを求めたら、ゲームもそれだけのものにしかならないんです。

 ですから僕たちはリーさんが先ほど言った映画的な要素、ドラマチックな演出をどうゲームに絡めていくかということを去年の夏あたりからずっと議論しているところです。今回採用した「マルチアングルシナリオ」は、人間の持っている能力や習性をいかにエンターテインメントに変えていくか、そうした新しい提案になるだろうな、と思っています。次世代機の能力は(ゲームの面白さ、新しいチャレンジ)といった部分に使っていきたいですよね。


 話をうかがっていて感じたのは、水口氏とリー氏がお互いを信頼して「次世代のゲームを自分達が作っていく」という気持ちにあふれていたことだった。日本と韓国という異なる国のコラボーレション作品ではあるが、「同じ文化の上にいるのでお互いの理解度が早いし、目指しているものが同じではっきりしているからストレスがない」としたうえで「現在のゲーム産業は新しいものと古いものが同時に動いている。次世代機は、今までと同じやり方と考え方ではなく、作り手側にも構造的な改革が起こるだろう」と述べた水口氏の言葉には、作り手も遊び手も未来の”ゲーム産業はより広くグローバル化していく必要がある”のではないか、というメッセージが込められていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」