ニュース
» 2005年09月17日 02時27分 公開

東京ゲームショウ2005――マイクロソフトブース:フロム・ソフトウェア、Xbox 360向けソフト「天誅 360」、「アーマード・コア 4」の発売を決定

マイクロソフトブースにて、フロム・ソフトウェアによるXbox 360向けタイトルの新作発表会が開催された。ここでは、「エム〜エンチャント・アーム〜」の新情報のほか、Xbox 360向け新作ソフト2本が発表された。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 マイクロソフトブースにて、フロム・ソフトウェアによるXbox 360向けタイトルの新作発表会が開催された。これはフロム・ソフトウェアが、コンシューマゲームのブース出展を行っていないことによるもので、すでにXbox 360用ソフトとして「エム〜エンチャント・アーム〜」のリリースが決定していることから、マイクロソフトブースにて新作の発表が行われることになったとのこと。

 その「エム〜エンチャント・アーム〜」に関しても、新たな情報があるということで、まずはプロデューサーを務める竹内将典氏が登場。プロモーションムービー上映後には、「本作は現行機のあらゆるグラフィックのクオリティを超えた、まさに次世代基準のRPGとなっています」とコメント。次世代機で一番最初にRPGをリリースすることへの自信が伺えた。もちろん、グラフィックだけではなく、それに応じたボリュームなども用意されているとのことだ。

photo 「エム〜エンチャント・アーム〜」プロデューサー 竹内将典氏

 また、「エム〜エンチャント・アーム〜」はブース内でプレイアブル版が出展されているが、これとは別に、未公開となるシーンも披露。そのシーンというのは、実際のフィールド画面で、広大な大地にキャラクターがたたずんでいるものであった。

 この画面について竹内氏は「現行機ではなかなか表現が難しいものではないかと思っています。(空の高さについて指摘され)僕らは空気感と表現していますが、こういった部分が非常に表現してやすくなっています」と語ってくれた。

 ほかにも、竹内氏からは本作の予約特典として、「公式設定資料集」、「ピンナップイラスト集」、「オリジナルのコミックス(前後編)」を収録した、総数70ページ以上の冊子が用意されていることや、エイベックス・リズムゾーンとのタイアップにより、本作の主題歌が、「Ruppina」ボーカルの工藤舞さんが、舞としてソロデビューする、そのデビュー曲となる「Reborn」に決定したことが明らかにされた。なお、「Reborn」はゲーム中でも流れる曲となっているとのこと。

photo

photo 予約特典や主題歌も決定し、着々と完成へと近づいていることが伺えた

「天誅」&「アーマード・コア」最新作はXbox 360で

 「エム〜エンチャント・アーム」の発表が終了すると同時に、ついにフロム・ソフトウェアのXbox 360向け新作タイトルが明らかにされた。スクリーンに映し出されたのは、「天誅 360(仮)」と「アーマード・コア4」という文字。どちらも同社を代表する、支えてきたタイトルである。

photo

 登場したフロム・ソフトウェア社長の神直利氏は、「開発の環境が非常に良くて、先ほどの『エム〜エンチャント・アーム』、そしてセガさんと一緒にやっている『クロムハウンズ』(の開発)が先行している関係もあり、立ち上がりが早かったので、相当早い時期には皆さんに、もう少し進化したものを見ていただけると思います」と、現在の開発状況について語ってくれた。

photo フロム・ソフトウェア社長 神直利氏

 また、すでにXbox 360では4タイトルの制作に関わっているフロム・ソフトウェアの激励に、Xbox事業本部マーケティング部長兼ゲームコンテンツ推進部長の泉水敬氏が登場。同氏からは、「映像を見た率直な感想を言いますと、背中がゾクッとする感じです。『アーマード・コア』だとロボットの迫力、『天誅』だと緊張感がありますが、両方に共通するのは、その質の高さ。Xbox 360ならではだとは思っていますが、この2作は次世代ゲームのリーダーとして、他のタイトルを引っ張っていっていただけると確信しています」といったコメントが述べられた。

photo Xbox事業本部マーケティング部長兼ゲームコンテンツ推進部長 泉水敬氏
photo 最後は2人でがっちりと握手が交わされた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた