“ソウルズ魂”を受け継ぐネバーランドシリーズ最新作「ブレイジング ソウルズ」(1/2 ページ)

アイディアファクトリーは、同社のブランドのひとつである「IF NEVERLAND」の最新作として、プレイステーション 2用ソフト「ブレイジング ソウルズ」を、2006年1月に発売予定であると発表した。価格は、通常版が7140円(税込)、限定版が9240円(税込)。

» 2005年10月28日 17時50分 公開
[ITmedia]
photo

 アイディアファクトリーは、同社のブランドのひとつである「IF NEVERLAND」の最新作として、プレイステーション 2用ソフト「ブレイジング ソウルズ」を、2006年1月に発売予定であると発表した。価格は、通常版が7140円(税込)、限定版が9240円(税込)。

 本作は、ブランド名からも分かる通り、これまで数多くのタイトルがリリースされてきたファンタジー世界「ネバーランド」で展開する、さらに言えば「新紀幻想 スペクトラル ソウルズ」シリーズの系譜を受け継ぐタイトルとなっている。

 七年戦争と呼ばれるネバーランド戦役から十数年の月日が経ち、世界は戦乱の時代から安定の時代へと移り変わり始めていた。しかし、大地に刻まれた傷跡は深く、いまだ癒されずにいた。特に、【異界の魂】と呼ばれる者を召喚するために失われた魔力は計り知れず、そのために世界のバランスは崩れ、モンスターが凶悪化し、大きな問題となっていた。
 そんな中、コントラクター(請負人)を生業とするゼロスは、とある事件をきっかけに強大な魔力を秘めた素(エネルギーの結晶体)である玉石、【コア・エレメンタル】を手に入れる。コントラクターとして仕事を請けながら、各地を巡るゼロス。その行く先々で目にする数々の【エレメンタル】。それを追うようにして現れるヒトゲノム――ヒトゲノムは神が人に代わる新たな種として作り出したもの――たち。
 ある者は種の抹殺を、ある者は力を欲しコア・エレメンタルを手に入れるために、ある者はただ破壊を楽しむために、ある者は奪われたものを取り戻すために、ゼロスの前に現れる。ゼロスに引かれるように集まるエレメンタルと、ヒトゲノムとの戦いを通じ、自らの出生の秘密に迫っていくゼロス。新たなるストーリーがここから広がっていく……

photo

 本作のストーリーは以上のようになる。とは言え、決してこのストーリーに沿ってゲームが進んでいくわけではない。“探索→マップ発見→捜索→戦闘→探索……”といったように、特定のイベント以外は、プレーヤーの判断で冒険を進めていくことができるのだ。

photo 特定のポイントに行けば発生するものから、ワークシステムと連動したものなど、数多くのイベントが用意されている

 ちなみに、これまでの「ソウルズ」シリーズの場合、戦闘するフィールドと探索(移動)するフィールドは分かれていたが、本作ではこれらが同一となっている。

 具体的に説明すると、エリアからフィールドに侵入した際、この時点では敵がおらず、木箱や岩、ブロックなどのオブジェクトが存在している(一部例外あり)。これらのオブジェクトを壊したり、移動したりすると、画面に表示されたエンカウント率が上昇、100%になると、そこでバトルが発生するといった感じだ。

photo (写真左)右下のゲージは現在0%だが、(写真右)箱を移動させたことで21%へと増加。これが100%になるとバトルに突入する

 そのバトルに関しても、前作のチェーンを追求し、さらにパワーアップさせた「コンビネーションアタック」というシステムが加わっている。これは、各キャラクターが持つAP(アクティブポイント、行動力を示す数値)をあらかじめ設定し、コンビネーションアタックが発動した時に、そのポイントを消費してスキルを使用する、という予約チャージ的なものとなっているとのことだ。

photo

 なお、バトルでのチェーン数や最大ダメージは、「コレクターズショップ」にて閲覧することが可能。ここでは一定のチェーン数を達成することで、チェーンポイントが自動的にたまり、アイテムと交換することができる。

 また、コレクターズショップには、コレクションファイルが多数存在し、それぞれの条件を満たすと、閲覧できるファイルが増えていく。クリアしたコレクションファイルには「コンプリート」のマークが表示され、すべてをコンプリートすると、付け替えることでステータスが変化する「通り名」が与えられるとのこと。

photo

 このほか、主要な施設として「開発所」と「モンスターショップ」の存在が明らかになっている。開発所では、武器を作り出したり、加工して性能を変えることができる「合成」、装備品を上位の装備品に変えたり、他の装備品に変える「開発」、装備品を強化することで、強化アイテムに変換できる「クレイ変換」、クレイ同士を合わせて、さらに強化する「結合」、そして装備品から能力のみを取り出す「抽出」を行うことができる。

 一方のモンスターショップは、敵として出現するモンスターを捕獲して育成できるというもので、仲間と同じように経験値を稼がせれば、頼もしい戦力となる。また、モンスター同士を合成させることもできるとのことだ。

photo (写真左)開発所、(写真右)モンスターショップ
次ページでは、個性溢れる登場キャラクター8人を公開
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」