レビュー
» 2006年01月26日 12時00分 公開

ホラーでも、サイコサスペンスでもない。現代のおとぎ話の幕が開ける「ルール オブ ローズ」レビュー(1/4 ページ)

少女が舞い込んだ不可思議な世界。支配者として君臨する子供たち、次々と求められる貢ぎ物、落書きから抜け出してきたような敵、薄汚れた1頭の犬。いったいこれは何が起きているのか……? 

[水野隆志,ITmedia]

物語はミステリアスで不可解な出会いから始まる

 公式サイトを見た人、広告を読んだ人、店頭で実際にソフトを手に取った人。本作「ルール オブ ローズ」に関心を抱いた人は、この作品に対して、どんな印象を受け、どんな期待を抱くのだろうか。

 多分、圧倒的多数の人は、館物のミステリーないし、ホラーと受け取るだろう。ちょっとグロテスクなサイコサスペンスと思う人もいるしれない。いずれにせよ、そこには暗くゆがんだ人間性と、そこから生じる狂気が渦巻いているに違いない、という予想があるはずだ。そして、狂気にもてあそばれ、恐怖に顔をゆがめ、それでも生き延びようと懸命に戦う、美しき少女があるに違いない、という期待も……。

 あらすじを聞けば、確かにそう思うのも無理はない。舞台は1930年代のイギリス。人里離れた山中の夜道を1台のバスが走っている。乗客はヒロインである少女ジェニファーと、謎めいた少年の2人だけ。不意に少年がジェニファーに近づき、“絵本を読んでよ”という言葉とともにすり切れた冊子を手渡す。

 その時、ちょうどバスが止まった。少年はやにわにバスを降り、田舎道を駆け出していく。本を渡されたままのジェニファーはあわてて彼を追うが、彼女が降りたとたん、バスは走り去ってしまう。どことも知れず、人家の灯りすら見えない場所に、たった1人残されたジェニファー……。

photo ヒロイン、ジェニファー。彼女が迷い込んだ場所はどこなのか。少年の何者なのか。そしていったい何が起きているのか? 次々とわき起こる謎にほんろうされながら、彼女の探索が続いていく

 冒頭のエピソードは、プレーヤーを不可思議な世界へと誘うのに十分だ。そしてそれに続く展開が、さらに雰囲気を盛り上げていく。

 ジェニファーは、山中の道へと消えていった少年の後を追ううち、とある屋敷にたどり着く。足を踏み入れてみると、壁や床には子供が描いたと思われるたくさんの落書きがある。どこからか彼女を見ている複数の視線、壁から聞こえてくる忍び笑い。先ほどの少年が時々、ちらちらと姿を見せる。ジェファニーは、彼に導かれるように、屋敷の中をさまよい続ける。

photo ジェニファーがたどり着いた屋敷。院長室、応接室、大部屋の寝室などがあるところから見ると、何らかの療養施設か孤児院のように見えるが……

 この展開を見れば、誰もがホラーまたはサイコサスペンスだと思うのは当然かもしれない。ところが、実際にプレイしているときの感触はそれとは少し違う。

 ホラーであれば、怖がらせようとする演出があってしかるべきなのだが、本作ではそれが弱い。確かに不気味でミステリアスではあるのだが、ホラー特有のショッキングな演出などはなく、グロテスクな描写もない。

 その代わり、壁に縛り付けられた人形、中庭に作られた墓標もない墓などの狂気を感じさせるオブジェクトがあり、その意味ではサイコサスペンスっぽいともいえる。だが、それもやはり違うのだ。

 サイコサスペンスならば、そうした狂気が主人公を通してプレーヤーに押し寄せてこないといけない。ところが、本作にはそれもない。実はジェニファーは、ヒロインだという以外、何の設定もないのだ。年齢、生い立ち、現在の生活ぶりなど、キャラクターをリアルにするための要素をまったく持っていないのである。そのため、プレーヤーは彼女の視点で物語を見るというより、彼女が進行役になっている物語を第三者的な立場で見ている感じを抱く。

 つまり、ルール オブ ローズは、外見はホラーやサイコサスペンス風でありながら、中身を見るとそうしたジャンルに不可欠な演出が施されていない、という、非常に奇妙な構成になっているのだ。そして、この独特のタッチこそが、この作品に、ほかと一線を画する個性と魅力を与えてくれているのである。もう少し、序盤の展開を追ってみよう。

 しばらく屋敷内を歩き回っていると、ジェニファーが不意に現れた少女たちに襲われるというイベントが起こり(プレイ時の楽しみが減るので詳細は伏せる)、舞台はいきなり空を飛ぶ飛行船へと移行する。この移行はまったく突然で、しかもなぜそうしたことが起こったのか、合理的な説明はされない。プレーヤーはここで自分が不条理という名の、自然法則が効かない世界にいることを知らされるのである。

photo ジェニファーが運び込まれた巨大な飛行船。しかし、どこにも乗組員の姿は見えない。それどころか、大人がいっさいいない。それでも、船は平然と飛び続けている

 

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」