連載
» 2007年04月05日 16時21分 公開

優しさから感動へ、立川から全国へ「イース」、「イースII」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

今年20周年を迎え、さまざまな企画で盛り上がる「イース」シリーズ(日本ファルコム)。数々のPCや家庭用ゲーム機で発売された、名作アクションRPG。実は、わたしが初めてプレイしたコンピューターRPGでした。

[ゲイムマン,ITmedia]

“優しさの時代”を築き上げた作品

画像 今回は日本ファルコムと同じ立川市にある、国営昭和記念公園にて写真撮影。春めいているように見えるが、実は去年の秋口に撮った写真

 「イース」は、「ドラゴンスレイヤー」、「ザナドゥ」など、PCで人気のRPGを世に送り出してきた日本ファルコムが、1987年に発売したゲームだ。

 当時のPCゲームは、初期のRPGやアドベンチャーゲームの影響が残っていたためか、“謎解き”の要素が強かった。試行錯誤を繰り返してみても、先へ進む方法がわからないなんてことはザラ。

 わたしなんかは根性がないから、もっぱら雑誌の攻略情報が頼りだった。当時の「コンプティーク」には、ずいぶんお世話になったもんだ。

 そんな状況で、過度に複雑な謎を盛り込まず、誰でもエンディングにたどり着けるように、“優しさ”をコンセプトとして作られたアクションRPGが、「イース」である。

 主人公は、赤い髪の毛がトレードマークの冒険家、アドル・クリスティン。

 エステリアという国に来たアドルは、着いた途端にモンスターに襲われ、地元の人々に助けられる。モンスターが現れるようになった原因を探るため、アドルがミネアの町を訪れたところから、ゲームは始まる。

 町で情報を得て、武器・防具を買って、フィールドに出てモンスターと戦い、レベルを上げていく。

画像 今回の画面写真は主に、PCエンジン版「イースI・II」のものを使用。オープニングで銀河万丈さんのナレーションが入ったことに度肝を抜かれた
画像 PCエンジン版では導入部がちょっと違う。アドルはエステリアに着いてすぐ、占い師のサラに呼び止められ、世界に危機が迫っていることを告げられる

画像 ゲーム開始直後、所持金を度外視してドニスの願いを聞いてあげると、いいことがある
画像 「半キャラずらし」で突き進むアドル。素早く動くモンスターが相手だと難しい

 モンスターとの戦闘は、体当たりでのぶつかり合い。この際、体半分ずらしてモンスターと当たると、ダメージを受けない(「半キャラずらし」とよばれる)。

 町や野外のフィールドなどでは、動かないでいると少しずつ体力が回復する。迷宮内では回復しないが、「ヒールリング」というアイテムを手に入れると、どこでも体力を回復できる。

 さらに、いつでもデータセーブができるなど、とにかくゲームシステムが親切で、ゲーム初心者でも理解しやすい。

 アクションゲームとしての要素が高まるのがボスキャラ戦。ここでは単純にぶつかっていくだけでは駄目で、ボスキャラの動きをよく見て、攻略法を探っていく必要がある。このときだけは体力も回復しないし、セーブもできない。

画像 写真はPCエンジン版だが、PC-8801などのPCで、大きなキャラクターがスムーズに動くということも、「イース」の売りの1つだった
画像 廃坑でのスポット処理も、開発陣の技術力の高さをうかがわせた

 RPGとしては、プレイ時間はやや短いかもしれない。だがその中に、オープンフィールドや、周りの見えない廃坑、巨大なダームの塔など、変化に富んだ冒険の舞台があり、古代王国と6冊の本を中心としたストーリー、雰囲気のある背景世界がある。

 そして、占い師のサラや、記憶をなくした少女フィーナ、詩人のレアなど、印象に残る登場人物がいる。

 “優しさ”のあるゲームバランスだったからこそ、「イース」の物語を、多くのプレーヤーたちが体験できたのだ。

PCショップをジャックしたオープニングデモ

画像 IIのヒロイン・リリアは、オープニングデモで強烈な印象を残した。ちなみに前作のヒロイン・フィーナも、PCエンジン版ではオープニングにアップで映るシーンがある

 翌1988年、「イースII」発売。

 “優しさから感動へ”のキャッチフレーズが示すとおり、前作の優しさは継承しつつ、新しい要素を数々盛り込んだゲームとなっている。

 例えばオープニング。朝日が差すダームの塔や、草原、イースの国などが、スタッフロールと交互にフラッシュバックする。特に、イースの草原で倒れているアドルを見つけた、少女リリアの振り返りが評判になった。

 「イースII」が発売された頃、PCショップのゲーム売り場では、このオープニングデモが店頭でよく流されていた。PC-8801、PC-9801、FM77AV、X1turbo、MSX2と、各機種版が短い期間に次々とリリースされたため、全機種の売り場で、リリアが振り返ったり、ダームの塔が沈黙したりしていた。おかげでわたしもソフトを買う前から、オープニングのBGMを覚えてしまっていた。

 そう、「イース」も「イースII」も、BGMがとても印象的。わたしが初めてプレイしたのはMSX2版で、他機種版と違ってFM音源に対応していなかったのだが、それでもPSG音源の持つきれいな高音の音色をうまく生かして、FM音源に引けをとらないアレンジになっていた。

 特にわたしは、「イースII」で最初のフィールド・廃墟に出たときの曲(RUINS OF MOONDORIA)で、打楽器が「カン、コン、カン!」と鳴るところが好きだった。


画像 ファイヤーは、対ボス戦でも欠かせない。アイテムを入手すると、モンスターを追尾できるようになる

 「イース」から「イースII」になって、いちばん大きく変わったのは、魔法が使えるようになったことだ。火の玉を飛ばすファイヤーや、行ったことのある町へ戻れるリターンなど6種類。

 テレパシーの魔法がおもしろい。アドルがモンスターに変身することで、ほかのモンスターから情報を聞き出したり、人間が本来入れない場所に入れてもらったりできる魔法だが、遭遇したほとんどのモンスターと話ができるので、ザコキャラが何を考えて行動しているのか、聞くことができるのだ。


画像 こういう愛らしいことを言うモンスターには、攻撃するのをためらってしまう
画像 アドルが変身するのは、善のモンスター、ルー。魔物を呼び寄せるアイテムを使うと、ルーがぞろぞろ出てくる場所がある
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」