ニンテンドーDSによる業界の“パラダイムシフト”が起きている――任天堂決算説明会(2/3 ページ)

» 2007年04月27日 17時57分 公開
[今藤弘一,ITmedia]

ミリオンセラーは15タイトルに増加。海外でも普及が進む――ニンテンドーDS

 国内のニンテンドーDSタイトルについては、15タイトルがミリオンセラーとなり、その中には「脳を鍛える大人のDSトレーニング」や「nintendogs」をはじめとする「Touch! Generations」タイトルが6本ランクイン。2005年と2006年のソフトチャートを比較しながら「2006年にはニンテンドーDSが主役になった。ニンテンドーDSは商戦期であるか否かにかかわらず販売実績を上げ、史上最も早く普及した、圧倒的なプラットフォームになった」と岩田氏は自信を見せる。「“ゲーム離れ”が叫ばれていたが、ニンテンドーDSの登場により“脱ゲーム離れ”の段階に入った」(岩田氏)。

画像画像画像

画像画像画像

 海外の販売状況については、相変わらずニンテンドーDSの普及率は日本が1位だが、欧州でも好調であるとのこと。米国は昨年後半くらいから変化してきたが、もっともゆっくり変化する市場であるため、今年は米国に注力すると岩田氏は語る。

画像画像画像 米国でのソフトチャートの変化。2006年まではまだプレイステーション 2タイトルが強いが、2007年1月になるとWiiのタイトルがランクインしている

画像画像画像 英国でのソフトチャートの変化。一気にニンテンドーDSタイトルが増えていることが分かる

画像画像画像 同じくドイツ。こちらは圧倒的な勢いでニンテンドーDSがランクインしている。2位にランクインしている「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は、発売後半年以上たっても売れ続けているとのこと。このほかフランスのチャートも示されたのだが同様で、こちらはサードパーティのニンテンドーDSタイトルが売れているのが特徴だ

 このほか海外でも、子どもだけでなく大人や高齢者がニンテンドーDSに触れて楽しんでいることを例に取りながら、「ニンテンドーDSの普及により、業界に“パラダイムシフト”が起きている。これまでビデオゲームは主に子どもや若い男性が楽しむもので、女性やシニア層に受け入れられないとか、任天堂のソフトは子ども向けであること、大多数のソフトの寿命は短く、長く売れ続けることはないといった常識が通用しなくなっている」と岩田氏。多くのゲームが発売後3カ月以降は販売本数が落ち込むのに、Touch!Generationsは商品寿命が長いのが特徴だ、とも。「発売時での認知最大化が常識であり、発売から時間がたつとソフトが売れなくなるといったことや、ソフトビジネスの主役はあくまで据え置き型であり、携帯型は据え置き型に比べてソフトが売れないといった常識はすでに当てはまらない」(岩田氏)。

ニンテンドーDSとWiiで年間3億本ソフトが売れる市場を

 最後に2008年3月期の業績予想としては、ニンテンドーDSは2200万台、ニンテンドーDSソフトは1億3000万本、Wiiは1400万台、Wiiソフトは5500万本。ニンテンドーDSについては「所有者の生活を豊かにするマシン」を、Wiiについては「取り巻く人々を笑顔にするマシン」を目指すとも。「ニンテンドーDSについては、一家に1台から1人1台へと、限界普及台数の壁を破る努力をしている。Wiiについては今後、可能性をアピールするのが大事だ。ソフトやチャンネルを充実させ。毎日電源を入れてもらう、Wiiのある生活を推し進めていく。この2つのハードについては普及目標台数をよく聞かれるのだが、それぞれ過去のプラットフォームサイクルが当てはまらなくなってきている。究極は、Wiiならば一家に1台、ニンテンドーDSならば1人1台だろうが、それはあまりにも膨大な数で現実的ではない」と岩田氏。「ユーザーはソフトを楽しむためにハードを購入している。我々がやることはソフトが売れる土俵を作ること。ニンテンドーDSとWiiで、現在の2倍となる、年間3億本ソフトが売れる市場を作っていく」と語った。

画像画像画像

 なお、今回の決算発表会の模様は、任天堂のWebサイトにて本日夜より動画配信される予定となっている。興味のある方は訪れてみてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評