古代ギリシャ時代からの受け継がれてきたパズル――「ハメコミ LUCKY PUZZLE DS」

ユークスは11月15日、クレオパトラも頭を悩ましたかもしれないシルエットパズルをニンテンドーDS用として発売する。

» 2007年11月13日 18時13分 公開
[ITmedia]
どこかでやったことがあるのでは?

 「ラッキーパズル」と聞いてもピンとこない人もいると思うが、実物を見れば一度は手に触れたことがあるはずの由緒正しい(?)シルエットパズルがニンテンドーDSになった。ユークスより発売される「ハメコミ LUCKY PUZZLE DS」だ。

 この「ハメコミ」と名付けられたパズルは、ハナヤマから発売されている「ラッキーパズル スタンダード」をモチーフになっている。この分野のパズルは歴史が古く、原型は古代ギリシャ時代に生まれ、日本では18世紀の書物に「清少納言知恵の板」として紹介されている。

 ラッキーパズルは人気があり、総出荷数は1000万個以上。日本で商品化してから70年以上経過しても、最新のデザインが登場するほどだ。

「ハメコミ」ってどんなゲーム?

 「ハメコミ」は長方形を7つに分割したピースを動かして、シルエットの形と一致するようにハメコむというもの。実にシンプルながら、そのバリエーションは無限と思えるほどに広く奥の深い。本作にはその中でも選りすぐりの500問以上が収録されている。

 ピースを「移動」させる「回転」させる「反転」させるという3つの操作で、スピードスケートやUFO、コサックダンスやヘリコプターなどのシルエットにハメコむのだが、これが難しい。

「移動」:タッチペンを縦横にスライドさせてピースを移動させる
「回転」:ピースの3カ所の角にある丸いマークにタッチペンを合わせて円を描くようにスライドさせてピースを回転させる
「反転」:タッチペンでピースを素早く2回タッチすることで反転させる

 ちなみにいくつかのゲームモードも設定されている。伝統的なパズルはもちろん、ニンテンドーDSならではのものまで多彩だ。

「パズル」

問題を7つのピースで埋めていくスタンダードなモード。完成までの時間にとらわれず、ゆっくりとした気持ちで問題に挑戦し、ハメコみ感覚と図形の織りなすパズルを解くことを楽しめる。なお、レベルによって難易度が変わる

「タイムプレッシャー」

決められた制限時間内に問題を解くモード。時間終了で失敗(タイムアップ)になるので、このモードだけはゆったりとした気分ではいられない

「カウント7」

7枚のピースをミスなくハメコみ、最少の7手で問題を解かなければGAME OVERという、超難易度モード。ピースをハメコんだ後、別のピースを選んだときにカウントされる。別のピースを選ぶまでは何度でもハメコみ直せる

「タイセン」

ワイヤレス通信に対応しているので、ワンカートリッジで2人でのダウンロードタイセンが可能。3つの問題をいかに早く解き終えるかを競う

 上記で紹介したモードのほか、解いた問題がひと目で分かる「マイルーム」や、操作方法が学べる「チュートリアル」、そしてピースの色やBGMが選択できる「オプション」などもある。

各モードの達成度がひと目が確認できる「マイルーム」
「チュートリアル」で操作方法やヒントの説明
ピースの色やBGMを選択可能

「ハメコミ LUCKY PUZZLE DS」
対応機種ニンテンドーDS
ジャンルシルエットパズル
発売日2007年11月15日
価格(税込)3990円

関連キーワード

ニンテンドーDS


(C)2007 YUKE'S (C)HANAYAMA Co.,LTD.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」