ニュース
» 2009年05月22日 16時58分 公開

博物館を舞台にしたガンシューティング――「ホーンテッドミュージアム」

[ITmedia]

 タイトーは、博物館を舞台としたシアター型ガンシューティングゲーム「ホーンテッドミュージアム」を7月中旬よりアミューズメント施設にて稼働開始する。

 「ホーンテッドミュージアム」では、従来のガンゲームに見られるリロードを廃止。弾数無制限のシステムにし、かつバイブレーション機能も搭載することで、従来のガンシューティングにはない爽快感を重視している。

 広大な博物館を舞台に繰り広げられる冒険は、古代遺跡・水中・宇宙開発まで多種多彩なステージ構成となっており、シアター内はステレオサウンドに加え大出力の重低音が響き渡り、まるで映画館にいるような圧倒的な臨場感を体感することができる。

 プレイヤーが使用するガンコントローラーは、暗闇の中では懐中電灯、モンスターとのバトルではハンドガンになるなど、ステージシーン毎に応じて自動的に切り替わる、多機能ガンコントローラーになっている。



(C)TAITO CORPORATION 2009 ALL RIGHTS RESERVED.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.