ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テスト」に関する情報が集まったページです。

Twitter、リプライの間に広告を表示するテストを開始
リプライツリーにプロモツイートが表示されます。(2021/10/15)

フルHDゲーミングに手頃な選択肢 10月14日発売の「Radeon RX 6600」を先行レビュー
10月14日、AMDの新型GPU「Radeon RX 6600」を搭載するグラフィックスカードが発売される。既に登場している「Radeon RX 6600 XT」の下位モデルに相当するが、同様にフルHDのゲーミングに焦点を当てたことが特徴だ。ベンチマークテストを通して実力をチェックしていこう。(2021/10/13)

Twitter、iOS版で新UIのテスト開始 「ホームタイムライン」と「最新タイムライン」をタブで切り替えられるように
微妙な修正ですが、「最新タイムライン」派にはちょっと見やすくなった?(2021/10/13)

Twitter、「最新ツイート」と「ホーム」の切り替え改善テストを開始
Twitterがタイムライン表示の切り替え方法を変更するテストを開始した。一部のiOSアプリユーザーは切り替えアイコンをタップするとタブが表示され、ここで切り替えられる。(2021/10/13)

Instagram、問題発生をプッシュ通知する新機能をまずは米国でテスト開始
Instagramは、サービスがダウンすると直接ユーザーに通知する機能のテストを開始した。また、アカウントが無効になりそうなユーザーに警告する機能「Account Status」も追加する計画だ。(2021/10/12)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(92):
仕様は確認しないし、運用テストもしません 全部出来上がってから確認します
説明拒否、確認拒否、追加開発強要、契約なし――協力義務違反の展覧会のようなユーザー企業に対して、ベンダーの専門家責任はどこまで求められるのか。(2021/10/11)

ChromeブラウザでのRSSベースの「フォロー」、Androidアプリで可能に
GoogleはAndroid版Chromeに「Follow」機能を追加した。5月からテストしていたものだ。RSS対応サイトの更新を「新しいタブ」でチェックできる。(2021/10/9)

Twitter、過熱しそうな議論に注意書きを表示する機能をテスト
敬意を持ってコミュニケーションするよう促します。(2021/10/7)

Twitter、ヒートアップしそうな会話に警告を表示するテスト
Twitterはヒートアップしそうな会話に参加しようとすると警告するテストを開始した。「警告:このような会話は激しくなる可能性があります」というカードをタップすると、参加心得が表示される。(2021/10/7)

革新的技術がもたらすパラダイムシフト:
PR:800Gネットワーク実現へ、驚異の進化を遂げるプラガブル光トランシーバー動向
データ需要の急速な増加に合わせ、高速通信技術の採用が加速。同時に、帯域幅に対する需要が高まり、ネットワーク事業者はネットワークインフラの急速な拡張と変革を推進していますが、より迅速かつ効率的な拡張をするのに苦労しています。本稿では、変革の重要な鍵である次世代のプラガブルコヒーレント光トランシーバーについて、その可能性や必要となるテストアプローチなどを解説します。(2021/10/6)

ソフトウェア開発とテストを効率化
フォルクスワーゲンがコンテナでデジタルツインを構築
VolkswagenがOpenShiftでコンテナ環境を整備。コンテナで各種ECUをエミュレートして、その上で実行するソフトウェアのテストを行っているという。同社のデジタルツイン構築の詳細を紹介する。(2021/10/4)

音声SNSの「Clubhouse」が年内に日本語化 「日本は優先順位の高い国」
Clubhouseが、9月30日に日本の報道関係者向けにサービスの方針について説明。年末までの間に、日本語を含めたいくつかの言語でローカライズのテストを行う。ルームやクラブのサブスクリプション登録、ルームに入るときの支払い、投げ銭など、クリエイターの収益化についても進めている。(2021/10/1)

単語記憶テストで判明:
インターネットは健康に良い、退職後の利用が認知機能の維持に効果的
ランカスター大学マネジメントスクールなどの研究チームは、欧州各国の退職者2000人以上の認知機能を調査し、退職後のインターネット利用が、認知機能テストでの高得点と関連していることを発見した。(2021/9/29)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年9月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテスト」ツールです。“より売れる”サイトページや“再訪したい”ユーザーエクスペリエンスを実現するクリエイティブを実現します。(2021/9/28)

Twitter、「Tips」(旧「Tip Jar」)での投げ銭でビットコインに対応 まずはiOSで
Twitterが5月から「Tip Jar」としてテストしてきた投げ銭機能を「Tips」と改称し、正式サービスとした。まずはiOSアプリでのみやり取り可能になる。一部の地域ではビットコインでの投げ銭も可能になった。(2021/9/24)

製造マネジメントニュース:
米国の虹彩認証技術ベンチマークテストで世界第1位を獲得
NECは、NISTが実施する虹彩認証技術のベンチマークテストにおいて、世界第1位を獲得した。同社は顔認証技術においても1位を獲得しており、今後、両技術を生かしたマルチモーダル生体認証や、ウォークスルー型虹彩認証の展開を予定している。(2021/9/22)

はじめての単体テスト:
単体テストとは何か、なぜ必要なのか【後編】
前編では、単体テストと機能安全の関わり、単体テストの重要性と組み込み業界の現状、単体テストの自動化について解説しました。後編では、ソフトウェアの品質管理や単体テストの手法について解説します。(2021/9/22)

はじめての単体テスト:
単体テストとは何か、なぜ必要なのか【前編】
本稿では、「単体テストとは何か?」「なぜ単体テストが必要なのか?」「どのようにすれば効率的に単体テストを行うことができるのか?」といった観点から、近年の組み込み業界の現状や単体テストについての基本的な知識を分かりやすく説明していきます。(2021/9/21)

山浦恒央の“くみこみ”な話(145):
テストでバグ発見!(3)単位取得判定プログラムに潜むファイル入力のバグ
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。第3回は、大学の単位取得を判定するプログラムから、ファイル入力に潜むバグを見つけ出しましょう。(2021/9/16)

アジャイル開発における品質管理(5):
アジャイルで開発したシステムをいざテスト→全然使えない! を防ぐ、テストの考え方総まとめ
少人数、短期間の開発を繰り返すアジャイル開発では、どのようにすれば品質を保つことができるのだろうか。本連載では、アジャイル開発における品質管理の手法を解説する。第5回は、システム全体の品質を担保しつつ、想定したリリース時期を守るためのポイントについて。(2021/9/16)

山市良のうぃんどうず日記(215):
どこが違う? Windows Updateが「今すぐインストール」で止まるPCの特徴は?
テスト用の複数台のWindows 10を毎月のWindows Updateで更新する際、同じバージョンで、何も設定を変更していないのにWindows Updateの挙動が異なるPCが存在することに、何となく気になっていました。更新を開始して放置し、気が付くと「今すぐインストール」ボタンを表示して指示待ち状態になっていることがあるのです。(2021/9/15)

PR:PCIe 4.0より速い!? リアルな検証で分かったIntel SSD 670pの真の実力
クライアントPCのストレージがSSDに移行して久しい。今では最新のPCIe 4.0対応のSSDが登場し、ベンチマークテストでは派手なスコアが飛び交って話題を集めているが、実際に一ユーザーとして使う場合、大切なのは実利用環境でのパフォーマンスだ。インテル最新のクライアントPC向けSSD「インテル SSD 670p」を使って、そのあたりの実情を確かめよう。(2021/9/13)

Twitterが招待制の「コミュニティ」機能 英語圏でテスト開始
コミュニティ内のメンバーとだけ会話ができる。(2021/9/9)

Twitter、Redditのサブレディットのような「Communities」のテスト開始
Twitterが2月に予告した「Communities」のテストを一部のユーザーを対象に開始した。RedditのサブレディットやFacebookグループのような、特定のトピックについて会話するための機能だ。(2021/9/9)

約957gで高性能! 8コアRyzen搭載モバイルPC「HP Pavilion Aero 13-be」の実力は?
日本HPの「HP Pavilion Aero 13-be」は、最新のZen 3アーキテクチャ採用のRyzen 7 5800Uを搭載した13.3型モバイルPCだ。重さ約957gと軽量でカラフルなボディーカラーも印象的なモデルをテストした。(2021/9/9)

すぐに使いこなせる新GUIを採用:
ルネサス、オンライン評価ボードテスト環境を拡充
ルネサス エレクトロニクスは、オンラインの評価ボードテスト環境「Lab on the Cloud」を拡充した。新たなGUIの採用などにより柔軟性に優れたテスト環境を提供する。利用できるボード数も新たに14種類を追加した。(2021/9/9)

Twitterが「画像や動画を幅いっぱいに表示するテスト」を実施 対象者からは「見にくい」「元に戻して」と悲鳴も
トレンドに「Twitter変」が入るなど混乱も。(2021/9/8)

Twitter、「ブロックせずにフォロワーを削除」する機能をテスト
いわゆる「ブロ解」のような機能。(2021/9/8)

Twitter、ブロックせず相手からのフォローを外す機能をテスト “ブロ解”不要に
米Twitterが、ブロック機能を使用せずに自分へのフォローを解除できる機能のテストをWebブラウザ版で始めた。「フォロワーの整理をより簡単にする」という。(2021/9/8)

Twitter、画像や動画を横幅いっぱいに表示するテスト 「違和感ある」「イラストが見やすい」など賛否
米Twitterが、タイムライン上で画像や動画を画面の横幅いっぱいに表示する仕様変更をiOS版アプリでテストしている。「(コンテンツが)より注目されやすくなる」という。(2021/9/8)

フィリップスからコンパクトな家庭向けAED登場 9月9日「救急の日」に予約販売開始
自動セルフテスト・自動音声ガイダンス機能搭載で誰でも操作可能。(2021/9/8)

組み込み開発ニュース:
オンラインで評価ボードを試せる「Lab on the Cloud」、実際どんな感じなのか
ルネサス エレクトロニクスが拡充を発表したオンラインの評価ボードテスト環境「Lab on the Cloud」。今回の拡充で総計23種類のボードが利用可能になったが、実際にどのような感じで利用できるのだろうか。「超低消費電力なREマイコンによるIoTエッジ向け音声認識ソリューション」を例に見ていこう。(2021/9/8)

スプレッドシートを用いた属人的なテスト管理から脱却:
PR:リスクベースの「テスト」で金融業界最高レベルの品質保証を目指すbitFlyer
ソフトウェアやサービスのテストケースやテスト結果の管理にスプレッドシートを用いることがある。だが、このような管理ではテスターによる属人性を排除することが難しく、開発規模が拡大するにつれ、情報がうまく管理できなくなっていく。スプレッドシートによる運用を止め、テスト管理ツールを導入した企業の事例を紹介する。(2021/9/8)

「アプリケーション開発基盤とテストデータの運用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/9/7)

PS5で使えるSSD発売へ ヒートシンク一体型で1TB/2TB
SIEが現在βテストしている、PS5のM.2 SSD内蔵対応。ヒートシンクを備えて安定動作するという製品が発売予定だ。(2021/9/6)

約1kgの薄型プレミアムモバイルPCでビジネスを加速する 「ASUS Expert B9 9400CEA」を試す
ASUS JAPANのビジネス向けモバイルPCにプレミアムモデル「ASUS Expert B9 9400CEA」が加わった。Intel Evoプラットフォーム対応の上位モデルをテストした。(2021/9/6)

製造マネジメントニュース:
NECが米NISTの顔認証技術ベンチマークテストで1位を獲得
NECは、米国国立標準技術研究所(NIST)が実施した顔認証技術のベンチマークテスト「FRVT Ongoing」で、世界第1位を獲得した。大規模な「1:N認証」において、1200万人分の静止画の認証エラー率が0.22%と性能評価された。(2021/9/6)

都庁内でのデジタルサービス開発時に適用予定:
「テストしないものはリリースしない」が合言葉 東京都が「ユーザーテストガイドライン」を公開
東京都は、「ユーザーテストガイドライン」を公開した。都庁の職員に向けて、ユーザーテストを実施する上で必要な準備や実施方法などの方針を示したもの。「テストしないものはリリースしない」を合言葉に、ユーザーテストの実践を徹底するという。(2021/9/6)

Twitter、攻撃的なリプライを自動ブロックしてくれる「セーフティモード」のテストを開始
“クソリプ”からの防衛に。(2021/9/2)

東京都、サービス開発時のユーザーテスト徹底へ 従来は「広く行われていなかった」
東京都が、都庁内で開発したアプリやシステムのユーザーテスト実施を徹底する。従来は「広く行われていなかった」といい、テスト手法をまとめたガイドラインも公開した。(2021/9/2)

Twitter、不快なアカウントを自動ブロックする「セーフティモード」を英語圏でβ提供開始
Twitterは、不快なアカウントをユーザーに代わって自動ブロックする「セーフティモード」のテストを英語圏の一部のユーザーを対象に開始した。自動ブロック期間は初期設定では7日間。ブロック相手には「Twitterがブロックした」と認識される。(2021/9/2)

ピカリング 40/42-739:
MIL規格対応PXI/PXIeマルチプレクサモジュール
ピカリング インターフェースは、MIL-STD-1553規格のテストに対応したPXI/PXIeマルチプレクサモジュール「40/42-739」を発表した。航空宇宙および軍用ATEシステム、ビデオ信号向けの75Ωスイッチングアプリケーションに適する。(2021/8/31)

仮想環境を使ったクラウド時代の組み込み開発のススメ(4):
クラウドネイティブで実現する、シミュレーションと実機テストのボーダーレス開発
IoT/クラウドロボティクス時代のシステム開発を加速化する仮想環境の活用について解説する本連載。第4回は、前回紹介した「クラウドネイティブ」の考え方に基づき、製品開発の課題になっている、シミュレーション環境と実機テストの間にあるギャップを埋める方法を紹介する。(2021/8/30)

加速する議論:
“AIの安全性”は確保できるのか
Teslaのロボットアシスタントの派手なお披露目は、AI(人工知能)の安全性や、自動システムが街中の道路や工場のフロアの上に解き放たれる前にそれをどのようにテスト、検証できるかに関する継続中の議論に拍車を掛けた。(2021/8/27)

SiC技術を採用、最大1500Vに対応:
車載・産業用バッテリーパックのテスト装置を発表
キーサイト・テクノロジーは、車載や産業用途に向けたバッテリーパックのテストシステム「Scienlab SL1700A」シリーズを発表した。SiC(炭化ケイ素)技術を採用し、最大1500Vの高電圧バッテリーパックに対応する。(2021/8/26)

プラネックスの実売1万円切り2.5GbEハブ「FX2G-05EM」で一足先に1Gオーバーの世界へ――NASを使ってテスト
プラネックスから発売された2.5GbEハブ「FX2G-05EM」は、実売価格で税込み1万円を切るモデルだ。2.5GbE対応NASを使って、どれだけスピードがアップするのかをチェックした。(2021/8/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年8月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテスト」ツールです。今月はデータ抽出のアルゴリズムをアップデートしたため、前月度顧客ドメイン数との比較は表示しておりません。(2021/8/24)

Twitter、「誤解を招く投稿」を報告するテストを米、韓国、豪で開始
新型コロナワクチンの誤情報が接種拒否の一因とされる中、Twitterは、ツイートを報告するツールに「誤解を招く内容を含んでいる」という項目を追加するテストを開始した。米、韓国、オーストラリアの一部のユーザーが対象。(2021/8/18)

「盲目でも一人で真っすぐ走れる」 スマホカメラ+AIでランニング支援、Googleが日本で研究スタート
体に装着したスマホで地面に引いた線を撮影し、線からそれた場合に音で知らせることで、視覚障害者でも一人で真っすぐ走れるようにする──Google Japanが、こんな研究を日本でも始めると発表した。テストに協力したい企業や視覚障害者を募集している。(2021/8/17)

山浦恒央の“くみこみ”な話(144):
テストでバグ発見!(2)自動販売機シミュレーターのバグを見つけろ!
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。第2回は、自動販売機シミュレーターのプログラムからバグを見つけ出しましょう。(2021/8/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。