ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「つくばエクスプレス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「つくばエクスプレス」に関する情報が集まったページです。

つくばエクスプレス「9時44分40秒の発車のところ、9時44分20秒に発車してしまいました」 確認が不十分だったと謝罪
シビアな世界。(2017/11/16)

つくばエクスプレスで人気の電車内で迷惑行為をする果物のポスター「めいわくだもの」シリーズはどのようにして誕生したのか
かわいいと人気。誕生秘話を聞いてみました。(2016/11/26)

蓄電・発電機器:
走行中の電車は発電所にもなる、余剰電力で600世帯分を供給
東京都と茨城県を結ぶ新交通システムの「つくばエクスプレス」を使って、12月1日から売電事業が始まった。走行中の列車がブレーキをかけた時に発生する回生電力のうち、他の列車の運行や冷暖房などに利用した後の余剰分を電力会社に販売する。一般家庭で600世帯分に相当する供給量になる。(2013/12/3)

スマートシティ:
街区を越えて電力を融通できるか、つくばエクスプレス沿線で2014年4月から
三井不動産は総面積約272.9haの大規模な事業「柏の葉スマートシティ」を開発中だ。2014年4月にはエネルギー管理を担う「柏の葉スマートセンター」が完成。HEMSなどをつなぎ、街全体のエネルギーを管理するAEMS(エリアEMS)が動き始める。(2013/9/30)

イー・アクセス、つくばエクスプレスのトンネル部すべてをエリア化
イー・アクセスは、つくばエクスプレスの北千住駅〜八潮駅間にあるトンネル部で携帯電話サービスを開始した。(2013/7/12)

イー・アクセス、つくばエクスプレスのトンネル部をエリア化
イー・アクセスは、つくばエクスプレスの秋葉原駅から北千住駅までの駅間トンネルをエリア化した。(2012/2/24)

東京メトロなど、12日から通常ダイヤに
東京メトロ、小田急電鉄、西武鉄道、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)は、平日の節電ダイヤを12日から通常ダイヤに戻す。(2011/9/5)

Google乗換案内が災害特別ダイヤに対応 12路線で
Google乗換案内が大江戸線、ゆりかもめ、つくばエクスプレスなど12路線の節電・災害特別ダイヤに対応した。(2011/4/12)

杉山淳一の +R Style:
第11鉄 筑波山の正しい順路を教えます……つくばエクスプレス
つくばエクスプレスの開業以来、ぐっとアクセスが便利になった筑波山。都心から気軽に出かけられる新しい観光スポットとして人気上昇中だ。つくばエクスプレス、ロープウェイ、ケーブルカーで筑波山観光を楽しもう。(2009/7/29)

マクドナルドでDSにゲームやクーポン配信 「ニンテンドーゾーン」
DSに体験版ゲームやクーポンなどを配信する「ニンテンドーゾーン」が、マクドナルドとつくばエクスプレスでスタートする。(2009/6/15)

つくばエクスプレス「ニンテンドースポット」トライアル――「Wi-Fine for DS」コンテンツ拡充へ
(2008/8/18)

日々是遊戯:
マックとつくばエクスプレスでスタートした「ニンテンドースポット」を試してみた
手持ちのDSで、さまざまなお役立ち情報にアクセスすることができる新サービス「ニンテンドースポット」が5月26日より、杉並区・世田谷区の一部マクドナルドおよび、つくばエクスプレスの各駅にてスタートした。果たして、その使い勝手は?(2008/6/4)

TXとマックに「ニンテンドースポット」 車内・店内でDSにコンテンツ配信
任天堂は、つくばエクスプレス(TX)の駅構内・車内と、都内のマクドナルド21店舗で、無線LAN経由で「ニンテンドーDS」にコンテンツを配信する「ニンテンドースポット」のトライアルを始める。(2008/5/27)

マクドナルド&つくばエクスプレスにDSを持っていけば、無料コンテンツが楽しめる
(2008/5/26)

ニンテンドーDS活用拡充――「ニンテンドースポット」実験サービス、マクドナルドとつくばエクスプレスで開始
任天堂は、ニンテンドーDSの新たな利用シーン創出のため、一部のマクドナルド店舗とつくばエクスプレス車内と駅構内において、ニンテンドースポット専用ブラウザーソフト「ニンテンドースポットビューア」を、無線通信機能により無償配布する。(2008/5/26)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバにスイーツ(笑)が侵食? 「あー、駅の向こうは別の街」
つくばエクスプレス秋葉原駅の駅ビル「AKIBA TOLIM」が4月17日にオープンした。女性の利用者を意識したショッピングモールの出現に、従来の電気街の反応は……ほとんどないみたいです。(2008/4/21)

エリア限定情報、駅の無線LANで配信 京急とつくばエクスプレス
京急やTXの駅構内で、エリアに応じた情報を無線LAN経由で配信するサービスが始まった。電車の運行情報を配信するほか、無料でネット接続できるサービスも期間限定で提供する。(2007/7/3)

「つくばエクスプレス」の無線LANエリア内でオリジナルコンテンツを無料配信
(2007/6/28)

再考・ワイヤレスネットワーク:
第6回 夢を先取り!? 移動体インターネットの使える度をチェック
昨年夏に本サービスを開始したつくばエクスプレスの無線LANサービスは、現在国内唯一の列車内ブロードバンドサービスだ。ここから移動体通信の「未来」が見えてくる。(2007/5/26)

Biz.ID Weekly Top10:
つくばエクスプレスとMSX/X68000の意外な関係
ある日曜日の午後、つくばエクスプレスに乗車した。そこで分かった、往年の名機「MSX」「X68000」とつくばエクスプレスの意外な関係とは――。(2007/3/6)

アキバの聖夜を、2000個のCPUが灯す
インテルとつくばエクスプレスが、2000個のCPUで飾られたクリスマスツリーを秋葉原に登場させた。(2006/11/10)

「つくばエクスプレス」が“ホット”な理由
「つくばエクスプレス」の開業から、ちょうど一周年にあたる8月24日、いよいよ“列車内無線LAN”の商用サービスが始まることになった。時速130キロに達する列車の中で、普段と同じホットスポットが利用できるという、よく考えると画期的なサービスだ。(2006/7/26)

つくばの車窓から――TX無線LANを体験
首都圏北東部を縦断する「つくばエクスプレス」。最高時速130キロで走行し、秋葉原からつくばまでを約45分で結ぶこの列車で、無線LANの利用が可能になる。(2006/7/25)

電車内でも無線LAN──TXで商用サービス開始
秋葉原とつくばを45分で結ぶ、つくばエクスプレス(TX)。トライアルを続けていた列車内無線LANサービスが商用化される。PSPなどポータブルデバイスの利用も盛んだ。(2006/7/25)

ドコモやNTT東など、TXで商用無線LANサービス開始──8月から
つくばエクスプレスで2005年の開通以来、実証実験などを行っていた無線LANサービスがすべての路線で開通。NTTドコモが8月24日より「Mzone」「mopera U」のサービスエリアとして商用サービスを開始する。(2006/7/25)

2005年8月:
5分で分かった気になる、今月のアキバ事情
つくばエクスプレスの開通で一層の注目を集めた8月のアキバ。夏の巡礼や夏期休暇中の学生も含めて、人通りも結構なものであった。今回はアキバとともに、帰省のついで大須にも行ってみた。(2005/9/2)

っぽいかもしれない――乗り鉄すぺしゃる
あの「つくばエクスプレス」に“開業時初乗り”してきました
営業区間58.3キロ。これだけ長い距離の全くの新線が開業するのは首都圏では久しぶりだ。これは、乗るしかない。いや、秋葉原のヲタクで、つくばのサイエンスのマニアにしてみれば、これに乗るのは義務のようなものなのだ。(2005/8/24)

アキバからつくばへ――「TX」に乗ってみた
秋葉原とつくばを最短45分で結ぶ「つくばエクスプレス」が24日、開通した。揺れの少ない車内で、車窓の緑を楽しみながらノートPCをいじっていると、あっという間につくばに到着した。(2005/8/24)

つくばエクスプレス無線LAN実験、参加者300人募集
(2005/8/23)

秋葉原、北千住駅構内に初のEdy対応自販機
24日開業の「つくばエクスプレス」の駅構内にEdy対応の飲料自販機が設置される。駅構内にEdy対応自販機が設置されるのは初めて。(2005/8/23)

Interview:
「つくばエクスプレスのWiFiトレインがワークスタイルを変革する」とIntel副社長
世界各地でデジタル・シティ構想を推進するIntelが、つくばエクスプレスの駅や列車で無線LANの利用環境を整備していく。「あなたのオフィスは街」と話すIntelのデービス副社長に話を聞いた。(2005/7/14)

つくばエクスプレスは車内も駅も無線LAN
時速130キロの“Wi-Fiエクスプレス”が登場する。(2005/7/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。