ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ユービーアイソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユービーアイソフト」に関する情報が集まったページです。

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
日本が舞台の「アサシンクリード」最新作、予告だけで大炎上 騒動を見たマンガ家が残念に感じたこと
Ubisoftの最新作「アサシンクリード シャドウズ」の発売日が決定しました。日本が舞台ということで注目される本作ですが、公開されたトレーラーがキッカケとなり、国内外で炎上騒ぎになっています。(2024/5/26)

NVIDIAがクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の直接提供を開始 無料プランや最大4K/120Hzで楽しめる“完全版”も用意
NVIDIAが、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の自社による直接提供を開始した。直接提供に当たり、最大で4K/120Hz描画に対応する「Ultimateプラン」も新たに登場する。(2024/4/4)

Microsoft、Activision Blizzardの買収を完了
Microsoftは10月13日、昨年1月に発表したActivision Blizzardの買収を完了したと発表した。同日に英CMAがこの取引を承認したことを受けたものだ。Microsoftは、Activision Blizzardのゲームの多くを「Xbox Game Pass」に追加していく計画。(2023/10/14)

Microsoft、EUの独禁法違反懸念対処でEU圏の「Teams」を「Microsoft 365」と分離
Microsoftは、欧州経済領域とスイス地域で、「Teams」の「Microsoft 365」バンドルを解除すると発表した。欧州連合による独禁法違反調査開始を受けたもの。10月1日に発効する。(2023/9/1)

Microsoft、CMAの承認を得るため、Activisionのゲーム権利をUbisoftに売却へ
MicrosoftはActivision Blizzardの買収を差し止めている英当局のCMAからの承認を得るため、買収契約の修正案をCMAに提出した。Activisionが今後15年間発売するゲームの配信権をUbisoftに売却するというものだ。(2023/8/23)

SIMスワップで組織内部に侵入 Lapsus$の手口と攻撃を緩和する10の方法
CSRBは脅威アクター「Lapsus$」に関する調査報告書を公開した。Lapsus$はSIMスワップやフィッシングといった一般的な悪用技術を使って数々の有名企業に不正アクセスしている。この攻撃を緩和する10の方法とは。(2023/8/15)

Google Cloudは日本のゲーム市場をどう捉えている? 初の国内向け報道説明会で語ったこと
日本の報道関係者向けに初の説明会を開いたGoogle Cloud。そこで明かした、ゲーム業界向けの戦略の全体像とは。(2023/4/28)

ゲームの祭典「E3 2023」は開催せず──公式発表
毎夏恒例だったゲームの祭典「E3」が今年も開催されないことになった。運営団体のESAがツイートで発表した。Microsoftや任天堂が不参加と報じられていた。(2023/3/31)

“ゲームも強い”という9万円アンダーの「ASUS Chromebook CX55 Flip」を試してみた
ASUS JAPANから発売された「ASUS Chromebook Vibe CX55 Flip(CX5501)」。とはどこま「ゲームに強い」のか。その実力を試す。(2023/3/24)

ゲームの続きは車内で:
NVIDIAがゲーミングサービスを自動車に導入開始、「GeForce NOW」で完全なPCゲーム体験提供
NVIDIAは、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」を自動車に導入すると発表した。韓国の現代自動車グループや中国のBYD、スウェーデンのPolestarはNVIDIAと協力して自社の車両にGeForce NOWを実装するとしている。(2023/1/6)

自動車に「GeForce NOW」を導入 AAAゲームを含む膨大なライブラリが車内でプレイ可能に
NVIDIAは1月3日(現地時間)、同社が展開するクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」が、現代自動車グループ/BYD/Polestarの車両に導入されると発表した。(2023/1/5)

Ubisoft、Netflix限定モバイルゲームを制作 「アサシン クリード」など3本を2023年リリースへ
Netflix限定モバイルゲームをUbisoftが制作している。ドラマ化が決まっている「アサシン クリード」の新作など3本だ。Netflix会員は広告やアプリ内購入なしでプレイできる。(2022/9/11)

「アサシン クリード ミラージュ」正式発表 9月10日のイベントで披露へ
Ubisoftは「アサシン クリード」シリーズ最新作を発表した。「アサシン クリード ミラージュ」というタイトルで、詳細は9月10日のライブ配信イベントで披露する。(2022/9/2)

ゲーム業界を支える最新技術【後編】
ゲーム会社が語る「これからの開発に欠かせないもの」とは?
ゲームのコンテンツや機能は進化を続けており、それに合わせて制作方法も変わっている。最新技術を積極的に取り入れるゲーム開発会社Ubisoftが注目するゲーム開発のやり方とは。(2022/8/17)

ゲーム業界を支える最新技術【前編】
ゲーム開発が“あの技術”によって変わった納得の訳
ゲーム業界には、以前からゲーム開発における“ある制約”があった。ゲーム開発はそれを乗り越えるために、どのようなやり方を採用しているのか。ゲーム開発の最前線を追う。(2022/8/3)

「最強のCPU×最高のGPU」+αは何をもたらす? ゲーミングノートPC「Alienware x17 R2」の“強さ”を知る
デル・テクノロジーズが1月に発売したゲーミングノートPC「Alienware x17 R2」は、厚さ20.9mmのゲーミングノートPCとしては薄いボディーにCore i9-12900HKとGeForce RTX 3080 Ti Laptopを備える構成を選択できることが特徴だ。この記事では、これらのCPUとGPUを搭載する最上位モデル「スプレマシー」のカスタマイズモデルの実力をチェックしていく。(2022/5/31)

SIE、「PS Plus」リニューアル後の提供タイトルを一部公開
ソニーインタラクティブエンタテインメントは、6月2日にリニューアルするPlayStationユーザー向けサブスクリプションサービス「PlayStation Plus」で提供するタイトルの一部を公開した。(2022/5/17)

Microsoftの「Bing」などのソースコードを盗めたとLapsus$が宣言
ハッキンググループのLapsus$が、Microsoftに侵入し、ソースコードを盗んだとTelegramに投稿した。BingやCortanaのコードの一部としている。Lapsus$はユーザー認証サービスを手掛けるOktaのデータも盗んだとしている。(2022/3/23)

Amazon、ロシアでの商品出荷とプライムビデオの提供を停止
Amazonはロシアとウクライナの状況を考慮し、ロシアとベラルーシの顧客への小売製品出荷を停止した。また、ロシアでのプライムビデオと、オンラインゲーム「New World」の提供も停止した。ロシアでのAWSの新規契約も停止している。(2022/3/10)

Amazonがクラウドゲーミングサービス「Luna」を米国で正式公開 日本での展開は未定
米Amazonは、クラウドゲーミングサービス「Luna」の提供を米国で開始した。(2022/3/2)

Amazonのクラウドゲーム「Luna」、米国で正式に始動 ストIIもできるレトロチャンネルもあり
Amazonは、クラウドゲームサービス「Luna」を全米で正式公開した。2020年10月から「早期アクセス」を提供してきた。正式立ち上げでは6つの“チャンネル”があり、プライム会員が無料で遊べるチャンネルもある。(2022/3/2)

MSIが第12世代Coreプロセッサ+GeForce 30シリーズ搭載のゲーミングPCやクリエイター向けPCを発表
MSIがIntelの第12世代CoreプロセッサとNVIDIAのGeForce RTX 30シリーズを搭載したパワフルなゲーミングPCを投入する。日本での展開は現時点で未定だ。(2022/1/6)

強烈な高機能! 日本HPのゲーミングノート「OMEN 17」上位モデル先行レビュー
日本HPが9月に発表したゲーミングノートPC「OMEN 17」は、第11世代Core H45プロセッサとGeForce RTX 30 Laptopを搭載する最新かつ高性能なモデルである。2022年3月までに発売される予定だが、上位モデルを先行してレビューする機会を得たので実力をチェックしてみよう。(2021/12/24)

Ubisoft、ゲームのNFTアイテム「Ubisoft Quartz」を「ゴーストリコン」でβスタート
Ubisoftはゲーム内でNFTアイテムを売買できるサービス「Quartz」(β)を発表した。アイテムはサードパーティのNFTマーケットでも販売できる。ブロックチェーンはTezosを採用した。(2021/12/8)

Amazon、クラウドゲーム「Luna」でChromebookとFireタブレットもサポート
Amazonが米国でプレビュー中のサブスクリプション制クラウドゲームサービス「Luna」が、Chromebookでも利用できるようになった。同社のFireタブレットもサポートする。非サブスクユーザーを招待してマルチプレイできる「カウチモード」も追加された。(2021/9/10)

ゲームの祭典「E3 2021」は6月12〜15日にオンラインで無料開催へ
昨年はコロナ禍で中止になったゲームの祭典「E3」が今年はオンラインで開催される。6月12日から15日の4日間、無料で参加できる。(2021/4/7)

Innovative Tech:
Ubisoft、ゲームキャラを自然に動かせる低コストな深層学習モデルを開発
ゲーム制作のコスト引き下げに効果のあるアニメーション手法。(2021/3/23)

Googleさん:
Googleが「Stadia」のオリジナルゲーム製作をあきらめた理由
Googleが、ゲームクラウド「Stadia」のオリジナルゲーム製作のために立ち上げたスタジオを閉鎖する。「アサシン クリード」などを手掛けたカリスマが率いるチームは解散。オリジナルゲームは生まれなかった。(2021/2/14)

実売3000円前後の手軽さ:
JBLの有線ゲーミングイヤフォン「JBL Quantum 50」はゲームに役立つのか試した
ゲーミング向けのヘッドフォンやイヤフォンを精力的に投入しているJBL。今回は低価格なゲーミングイヤフォン「JBL Quantum 50」を実際のゲームで試した。(2021/1/19)

「アサシン クリード ヴァルハラ」に未審査の「禁止表現」 CEROが指摘、UBIはゲーム修正
11月10日発売の「アサシン クリード ヴァルハラ」の一部バージョンで、CEROの規定で「禁止表現」に当たる表現が。CEROによるレーティング審査時に提供された資料にない表現内容だったという。UBIはゲーム内容を修正した。(2020/12/1)

CERO、「アサシン クリード ヴァルハラ」PC版が無修正の「未審査版」で発売されていたと公表 ユービーアイに説明求める
CEROからまたもや異例の声明文。(2020/11/30)

ユービーアイソフト、「アサシン クリード ヴァルハラ」の流血表現修正を発表 ユーザーに謝罪
当初の説明から一転、修正パッチの配信を発表しました。(2020/11/26)

CERO「『アサシン クリード ヴァルハラ』は流血表現アリで審査通っていた」 日本版の表現修正、UBIの説明に反論
CEROがユービーアイソフトの説明に反論しました。(2020/11/19)

Amazon、クラウドゲーミング「Luna」の早期アクセスを米国でスタート
米Amazon.comが、サブスク制クラウドゲーミングサービス「Luna」の早期アクセスを米国の一部ユーザー向けに始めた。(2020/10/21)

米Amazon、クラウドゲーミングサービス「Luna」を発表 AWSでゲームを配信
アーリーアクセス期間は月額5.99ドルで利用可能。(2020/9/25)

Amazon、「Luna」でクラウドゲーム参入 AWSでホストし、PC、Mac、iOS、Fire TVサポート
Amazonがクラウドゲームサービス「Luna」を発表した。10月に米国で開始する。早期アクセスのサブスク料は月額5.99ドル。PC、Mac、iOS端末とFire TVで利用可能だ。AWSでホスティングし、専用コントローラも約50ドルで発売する。(2020/9/25)

全てのハイエンドが“過去”になる――4Kゲーミングの最高峰「GeForce RTX 3080」先行レビュー
日本でも9月17日に発売する「GeForce RTX 3080」だが、その実力はいかほどなのだろうか。発売前日だが、「Fouders Edition」(リファレンスカード)を使って先行チェックする。(2020/9/16)

仕事もゲームも任せられるか? レノボ「Legion 550Pi」で確かめた
レノボ・ジャパンが2020年5月に発表したゲーミングノートPC「Legion 550Pi」。最新のIntel第10世代Core i7-10750HとGeForce RTX 2060のGPUを備えたモデルの実力を探ってみた。(2020/9/8)

JBLの最新ゲーミングヘッドセット「Quantum ONE」でプレイ環境がどこまで変わる?
ゲームをやり込めばやり込むほど、サウンド環境は鍵を握るポイントとなる。テレワークで注目を集めたヘッドセットだが、ゲーミング用途に特化した製品が続々と登場している。JBLの新製品を試してみた。(2020/7/30)

“夜の東京”がテーマの写真集「リアム・ウォン トーキョー」が完全にサイバーパンクの世界 序文は小島秀夫監督が担当
著者のリアム・ウォンさんは「アサシンクリード」シリーズなどと手掛けたゲームデザイナー。(2020/7/18)

Microsoft、「Xbox Series X」の起動音を披露「ホリデーシーズン発売を目指し続ける」
Microsoftが今年のホリデーシーズンに発売予定の「Xbox Series X」の起動音を披露。5月7日から毎月「Xbox 20/20」と称するオンラインイベントで進捗を紹介していくと語った。(2020/5/6)

NVIDIAのゲームストリーミング「GeForce NOW」に「アサシン クリード」追加、Microsoft離脱
NVIDIAが6月に正式スタート予定のゲームストリーミングサービス「GeForce NOW」に、Ubisoftの「アサシン クリード」と「ファークライ」シリーズを追加した。一方、Warner Bros. Interactive Entertainment、MicrosoftのXbox Game Studios、Codemasters、Klei Entertainmentのゲームがサービスから消える。(2020/4/21)

Google、ゲームストリーミング「Stadia」強化目的で新興スタジオTyphoon Studiosを買収
11月にゲームストリーミング「Stadia」を開始したGoogleが、カナダのゲームスタジオTyphoon Studiosを買収した。Typhoonは来年1月にマルチプラットフォームゲーム「Journey to the Savage Planet」を発売するが、その後はStadia向けオリジナルコンテンツ開発に従事する。(2019/12/20)

ITはみ出しコラム:
Googleのゲームストリーミング「Stadia」はイマイチな評判 ライバルの動向は?
ついにGoogleのゲームストリーミングサービス「Stadia」がスタートしましたが、現時点での評判はイマイチのようです。強力なライバルがひしめくゲーム業界で、Googleのやり方は通用するのでしょうか。(2019/11/24)

エイサー、Core i9搭載ゲーミングノートが1名に当たるTwtterキャンペーン
日本エイサーは、同社製ゲーミングノートPC「Predator Helios 500」を抽選で1名にプレゼントするTwtterキャンペーンを開始した。(2019/11/5)

Google、クラウドゲームサービス「Stadia」のゲーム製作スタジオをモントリオールに開設
Googleが11月19日に14カ国でスタートするクラウドゲームサービス「Stadia」のオリジナルコンテンツ制作スタジオをカナダのモントリオールに開設する。(2019/10/25)

ITはみ出しコラム:
ゲームの世界も“Netflix化”していくのか
家庭の据え置きゲーム機やPC、携帯ゲーム機にスマホ……そういった区分は、世界的なストリーミングゲームサービスの台頭で大きく変わっていくかもしれません。(2019/6/16)

EE Exclusive:
ノートルダム大聖堂の再建に必要な技術とは
世界中が固唾を飲んで見守った、フランス・パリのノートルダム大聖堂の火災。フランスは国を挙げて再建を進めようとしている。再建には、どのようなエレクトロニクス技術が必要だろうか。(2019/5/31)

ノートルダム大聖堂が登場するゲーム「アサシンクリード ユニティ」PC版が無料配布 メーカーは再建費用の寄付も
ありし日の寺院をゲーム内で観光。(2019/4/18)

Googleさん:
無敵コマンド装備したGoogleのクラウドゲーム「Stadia」を率いる人々
Googleが年内スタートするゲームサービス「Stadia」を率いるのは、元Xboxの偉い人と「アサシンクリード」を手掛けた元EAの偉い人。コナミコマンドが刻印されたコントローラをひっさげて、どう勝負するのでしょう。(2019/3/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。