ニュース
» 2020年11月26日 14時05分 公開

ユービーアイソフト、「アサシン クリード ヴァルハラ」の流血表現修正を発表 ユーザーに謝罪

当初の説明から一転、修正パッチの配信を発表しました。

[ねとらぼ]

 ユービーアイソフトが事前に告知することなく、日本版「アサシン クリード ヴァルハラ」の流血表現を削除していた件について、同社はオプションで流血表現を「オン」にできる修正パッチの準備を進めていると、11月26日に公式ブログで発表しました。パッチは12月中旬に配信予定。


 発売中の日本版は18歳以上対象の「CERO Z」で販売されており、オプションに流血表現「オン/オフ」の選択項目があるにもかかわらず、「オン」選択時にも流血表現がカットされる状態になっていました。プレイ時にヒット判定が分かりづらくなる副作用も大きいことからプレイヤーからは「バグなのではないか?」「オンにできるよう修正してほしい」といった声が相次いでいました。

攻撃しても血が出ないため、迫力が無いだけでなく当たり判定が分かりづらいといった批判があった(画像はPS5版のゲーム画面より)

設定で「流血表現」の「オン/オフ」を切り替える項目があるにもかかわらず、「オン」の状態でもゲーム内で流血表現に目立った変化はない状態。当初ユービーアイソフトから説明もなかったことから、プレイヤーからは「バグなのではないか?」といった声も出ていた(画像はPS5版のゲーム画面より)

 ユービーアイソフト側は当初、流血表現の削除は、ゲームのレーティングを取得するにあたり「当初予定していた修正内容では日本で発売することができない可能性が高い」と分かったためであったと説明。関係機関との協議の上で、流血表現の削除を決定したと発表していました。

 ところが、日本でのレーティングを担当するCERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)は11月19日、ねとらぼ編集部の取材に対し「審査の際に、過去シリーズと同等の出血表現を含む内容で提出いただきましたが、そこで『Z』で審査を通しておりました」と、同作が流血表現アリの状態で審査を通過していたと説明。さらにCERO公式サイトでも「この件について同社から一切ご連絡も協議のお申し出もいただいておらず無関係です」と強調する異例の事態となっていました。


 ユービーアイソフトはCERO側の声明掲載後間もなく、「先日公開した流血表現の修正に関しまして調査を進めた結果、弊社内の問題であることが判明いたしました。関係各所及びユーザーの皆様には、心よりお詫びを申し上げます」と、当初の説明が誤りであったことを認めて謝罪。同社は加えて、今回の修正パッチ配信の発表に際し、「この度はユーザーの皆様にご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます」と、あらためて謝罪しています。

 ねとらぼ編集部では11月19日、ユービーアイソフトの広報担当者に「なぜ発売前に流血表現の削除を公表しなかったのか」コメントを求めましたが、回答はありませんでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声