ニュース
» 2020年09月25日 09時09分 公開

米Amazon、クラウドゲーミングサービス「Luna」を発表 AWSでゲームを配信

アーリーアクセス期間は月額5.99ドルで利用可能。

[ねとらぼ]

 米Amazonは9月24日(米国時間)、クラウドゲーミングサービス「Amazon Luna」発表しました。Amazon Web Services(AWS)を利用してゲームをストリーミング配信します。

Amazon Luna Luna

 米国のユーザーは同日からアーリーアクセスへの招待をリクエストできます。「時間のかかるダウンロードやアップデート、高価なハード、複雑な設定なしでお気に入りの端末でLunaのゲームをプレイできる」とAmazon。スタート時はFire TV、PC、Mac、iPhone、iPadで利用可能で、Androidにも近く対応予定としています。

 月額5.99ドル(約630円)の「Luna+」チャンネルでは、「バイオハザード7」「CONTROL」「パンツァー・ドラグーン」「プレイグ テイル -イノセンス-」「THE SURGE 2」などのタイトルを提供(※アーリーアクセス期間中)。 Luna+加入者は同時に2台の端末でプレイ可能です。

Amazon Luna 提供タイトル

 Lunaから直接Ubisoftのゲームを利用できる「UBISOFT」チャンネルも提供予定。このチャンネルに加入すると、最大4K解像度でUbisoftのゲームをプレイできます。開始時には、「アサシン クリード ヴァルハラ」「ファークライ6」などをリリースと同日に提供。

 LunaでTwitchの配信を見たり、TwitchからLunaのゲームをプレイできたりと、Twitchとも連携。Alexa対応でクラウドに直接接続するゲームコントローラー「Luna Controller」も発売します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.