連載

どうして本を読むとほめられて、マンガを読むと怒られたんだろう?

あの差はなんだったんだろう。

advertisement

ライター:斎藤充博

インターネットが大好きで、ウェブ記事を書くことがどうしてもやめられない指圧師です。「下北沢ふしぎ指圧」を運営中。

Twitter:@3216ライター活動まとめ

連載:マイクロメモリーズ

1982年生まれの筆者が、人生を通じて出会ってきた物たちの「みょうに細かい超個人的な思い出」をマンガで振り返ります。

 学校にマンガを持っていくと、怒られたり没収されたりしたことはありませんか。その一方で、小説などの活字の本を読んでいると、大人や先生にほめられたりするものです。なぜ形式によってこんなに差が出てしまうのでしょうか。

 子どもの頃好きだったのは、なんといっても『ズッコケ三人組』シリーズ。特に『大当たりズッコケ占い百科』や『うわさのズッコケ株式会社』はスリリングなストーリー展開がおもしろく、なんども読み返しました。

 シャーロック・ホームズも理解しやすいものが多く、いっちょまえに「推理小説ファン」を気取っていました。『まだらのひも』や『赤毛連盟』なんてドキドキしますよね。

advertisement

 小説と同じくらいマンガも好きでした。ところが、マンガってなぜか「良くないもの」とされているんですよね。学校に持っていくと没収されてしまいます。そのくせなぜか図書館には『火の鳥』と『はだしのゲン』だけは存在していて……。よくわかりません。

 子どもの頃の素朴な疑問って、大人になると自然に解決することが多いんですが、このあたりのことについては今でも謎だな……と思ってしまいますね。

これまでのマイクロメモリーズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  5. 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  6. 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  7. 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  8. 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  9. 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  10. ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」