ニュース

「警察官をクビになった話」 ブログ公開された漫画が1日で閲覧数200万を超える(1/2 ページ)

ブログで話題に。

advertisement

 ブロガーのハルオサン(@keikubi123)さんが10月28日、過去の実体験に基づいて描いた漫画「警察官をクビになった話」をブログ上で公開し、翌29日には1日で200万以上のアクセスを集めるほどの話題になっています。

 漫画は全14話、150ページ以上に及び、仕事を約1カ月ストップしてまで描きあげたという力作。ハルオサンさんが18歳で警察官になったものの、半年間の警察学校生活で心身共にボロボロになってしまった経緯を克明に描いています。

 実は同作は、2016年~17年に更新された同名タイトルのブログ記事を漫画化したものでもあります。漫画ではブログ記事のエピソードを回収しつつ、さらに教官達による追求を「サボテンに刺されて萎んでいく風船」/追い詰められてついに辞職を告げにいく場面を「処刑台に足を運ぶ様子」として描くなど、比喩を交えながら漫画版ならではの臨場感で描いています。

advertisement
ボロボロになっていく様子が比喩を交えて克明に描かれる

★以下、作品のネタバレを含みます

 元のブログ版記事は前・中・後編の3編に分かれており、警察官をクビになり、まさに人生のどん底に陥ったところで終わります。漫画版最大の違いは「その後」が描かれている点。漫画版も元の記事同様に、激しいパワハラやイジメの告発を含んでいますが、その後10年間かかったという心の回復の様子も描いています。

 ハルオサンさんのブログには上記の「警察官をクビになった話」のほかにもう一つ、代表作ともいうべき記事「やっと警察への『正当な復讐』の準備が整った」があります。

 こちらはタイトルだけ見ると警察時代に受けた苦痛に対する復讐計画が語られていそうですが、読んでみると全く違います。

 ハルオサンさんは2017年当時、記事が既にかなりヒットしていて、「警察」で検索するとブログが最上位に表示されるようになったほどでした。ブログの影響力を駆使すれば警察に復讐ができる――そう思ったのもつかの間、あるメールがハルオサンさんの心境を変えました。

advertisement

「ブログ読みました。

私は警察官になるのが夢です。

必ず人を思いやれる警察官になります。」

 こうしたメールは初めてではなく、警察官になりたい人、警察官だった人から送られてくるのは励ましのメールばかりだったそうです。メールを読み返すうちに「何をすれば良いのかわからなくなってきました」というハルオサンさん。

 自問を繰り返す内にひねり出したのは「志を持って『警察官になりたい!』」と思う人への心からのエールと、「復讐をやめて、次に『やらなきゃいけない事』を探す」という今後への抱負でした。

 漫画「警察官をクビになった話」はまさにその抱負の実践編。かつて受けた被害への鬱憤をしっかりと作中に込めつつも、最後にちょっと前向きな気持ちにさせてくれる傑作に仕上がっています。

画像提供:ハルオサン(@keikubi123)さん

漫画『警察官をクビになった話』を試し読み

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

記事ランキング

  1. 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  2. 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  3. インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  6. 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  7. 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  8. 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  9. 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  10. 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体